映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第53話あらすじ&ネタバレ!真一さん、社員になる

f:id:entafukuzou:20181130090543j:plain

ダネイホン組と塩づくり組。【たちばな塩業】の社員たちは、2つに分裂してしまいました。(⇦ 料理係の赤津は、中立的立場)

 

萬平は、塩づくり組がすっかりやる気をなくしているのを見て、反省します。社員ひとりひとりに呼びかけて謝り、ダネイホン開発と塩づくりをみんなで交代しながらやることに決めたのでした。

 

第52話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

11月30日(金)放送!『まんぷく』第53話・あらすじ

やっと、ダネイホンが完成します。【たちばな塩業】の社員たちは、外に出てダネイホンを売り出します。ビタミンAやたんぱく質がたっぷり入った栄養食品であることをアピールしますが、まったく売れません。

 

萬平(長谷川博己)は、開発資金を出してくれた【大阪商工会】の三田村会長のもとを訪ねます。

三田村は

ほしがる客が誰なのか、どこにおるのか考えねばならん

と、つぶやきます。

 

萬平は、忠彦(要 潤)にも話を聞きます。

忠彦は、

「誰か信用できる人に商売を任すべきや」

と、助言をくれます。

 

第9週「違うわ、萬平さん」53話・ネタバレ・・・即戦力の真一さん、中途採用される

同じころ。福子は、真一(大谷良平)のもとを訪ねていました。

福子は、

「1年、いえ、半年だけでも助けていただけませんか?」

と、頼みます。

 

証券会社で働いていた真一に、【たちばな塩業】の経理と営業を手伝ってもらおうと考えたのです。真一は、こころよく引き受けてくれます。

 

 

福子は、部屋に飾られた絵に目が止まります。それは結核で入院していた咲に、忠彦がプレゼントした絵でした。福子は、ひらめきます。

 

「ダネイホンを病院に売ってみては、どうでしょう?」

福子は、萬平に提案します。栄養食品をほしがる人・・・たしかに、病気で入院している人たちに、ダネイホンはうってつけの商品です。萬平も、その提案に可能性を感じるのでした。

                   第54話へつづく。

2分でわかる!『まんぷく』第54話あらすじ&ネタバレ!鈴さん、特別顧問になる - 映画ときどき海外ドラマ