映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第50話あらすじ&ネタバレ!ダネイホンvs塩づくり

f:id:entafukuzou:20181127091807j:plain

栄養食品『ダネイホン』を作るため、萬平たちの実験は続きます。ガマガエルを原料にすることをあきらめ、牛の骨を使えないか試行錯誤を重ねます。

 

福子は、萬平が生まれたばかりの源に構ってくれないのが不満でした。夫婦の仲は、大丈夫なのでしょうか?

 

第49話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

11月27日(火)放送!『まんぷく』第50話・あらすじ

小松原(前原 滉)たちは、タカ(岸井ゆきの)が手伝いにやってくる週末が楽しみでした。ところが神部(瀬戸康史)は、タカを『ダネイホン』の研究室へ連れていってしまいます。

 

塩づくり組は仕事が大変なうえに、夕飯の魚とりまで頼まれます。

高木(中村大輝)は

「神部たちにやらせてください!」

と抗議します。

 

萬平が『ダネイホン』研究にかかりきりなため、塩づくり組はストレスをためていたのです。

 

そんな状況のなか、『ダネイホン』の第一弾が完成します。さっそく味見してみますが・・・

 

神部「こ、これは・・・」

岡「おいしないです」

萬平「そんなことない!」

 

『ダネイホン組』vs『塩づくり組』

ここで、【たちばな塩業】の従業員たちがどちら側に属しているか、確認しましょう。

 

ダネイホン組(栄養食品の開発)

神部 茂(瀬戸康史)

岡 幸助(中尾明慶)

倉永 浩(榎田貴斗)

大和田 英二(梅林克太)

 

塩づくり組

小松原 完二(前原 滉)

増田 誠一(辻岡 甚佐=つじおか じんすけ)

堀 和則(原 雄次郎)

(⇦ この3人は、“タカちゃん親衛隊”のメンバー。神部に対抗心を燃やしています)

 

森本 元(毎熊克哉)

長久保 陽介(スチール哲平)

野村 泰造(南川 泰規=なんかわ たいき)

 

高木 一夫(中村大輝)

堺 俊一(関 健介)

佐久間 春男(川並 淳一)

峰岸 正俊(三好 大貴)

 

料理係(中立?)

赤津 裕次郎(永沼 伊久也)

 

 

第9週「違うわ、萬平さん」50話・ネタバレ

源が熱を出しても、萬平は息子に興味を示しません。福子(安藤サクラ)の我慢も限界でした。

 

福子「萬平さんは社長ですよ。自分のことばっかり考えていると、みんながやる気をなくします!」

家族や塩づくり組のことも考えてほしい、とうったえます。

 

ところが萬平は、

「もういい! 仕事に集中したいんだ」

と怒り出してしまいます。

 

そのころ。塩づくり組のメンバーたちは、魚をとるため海にきていました。実は、高木たちは倉庫の床から手りゅう弾を見つけていました。

(⇦ もともとは戦争中、軍が使っていた倉庫。軍が残したものでしょうか?)

 

手りゅう弾を海に投げて爆発させると、魚が大量に水面に浮いてきます。

高木たちは、

「大漁だ」

と喜ぶのでしたが・・・

                    第51話へつづく。

2分でわかる!『まんぷく』第51話あらすじ&ネタバレ!咲が夢枕に立つ - 映画ときどき海外ドラマ