映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

5分でわかる!『リーガルV』第6話のあらすじ&ネタバレ!理恵、男にみつぐ?

f:id:entafukuzou:20181123125455j:plain

 『ドクターX』のスタッフが制作する法律ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』。この記事では、第6話のあらすじ&ネタバレをお届けします。

 

第6話では、結婚相談所でだまされた男が続出! 女は結婚詐欺師なのか?

潜入捜査に行くことになった理恵(安達祐実)は、婚活に本気モード。彼女の暴走も、見のがせません。

 

『リーガルV』では初となる2話完結(?)のエピソードとなります。

 

おっさんずラブファン歓喜! 第5話のあらすじ&ネタバレはこちら。

www.entafukuzou.com

 

 

『リーガルV』第6話あらすじ・・・結婚詐欺師はグル?

馬場、お前もか!

いつものように(?)女の子を尾行している馬場(荒川良々)。今回は、本気度が違うみたいです。それもそのはず。馬場が追いかけている藤沢 夏澄(逢沢りな)は、馬場にお金を貢がせた後、平気で別の男に会っていました。

 

【京極法律事務所】には、不動産トラブルに巻き込まれた男性・塩見一郎(矢部太郎)がやってきます。

 

塩見は、婚約者に頼まれて3000万円で買った土地が、日当たりが悪く騒音もうるさい場所だと話します。

 

婚約者の名義で買った土地であるため、塩見本人が業者を訴えることはできません。

 

小鳥遊 翔子(たかなし しょうこ=米倉涼子)は、塩見の婚約者が結婚詐欺師ではないか、と疑います。

 

塩見は、相手の女性とは結婚相談所【ローズ・ブライダル】を介して知り合っていました。

 

女性の写真をみて驚いたのは、馬場でした。塩見の婚約者とは、馬場をだましていた夏澄だったのです。

 

やはり馬場も、【ローズ・ブライダル】を利用していました。

 

そこで、【京極法律事務所】の誰かが、【ローズ・ブライダル】に潜入捜査することになります。ホストの茅野明、年齢制限に引っかかる京極と大極は会員登録できません。

 

パラリーガルの伊藤 理恵(安達祐実)が潜り込むことになります。

ポチのおつかい

 【ローズ・ブライダル】の件とは別に、青嶋(林遣都)は懲役9年の実行犯に面会に行っていました。実行犯の守屋 至(寛一郎)はまともに話を聞いてくれません。翔子が無実を証明してほしい、と青嶋に頼んだ守屋の事件。

 

第7話、第8話以降、物語にからんできそうです。

 

 

 

理恵(安達祐実)、撃沈!

あくまで捜査が目的のはずでしたが、理恵は婚活に本気モード。美尻やバストアップのオプションサービスにお金をつぎこんでしまいます。理恵は、会員の野村(武井壮)を本命視します。

 

ところが、野村は別の女性からOKの連絡をもらうと、あっさり理恵とはバイバイ。野村が第1希望だった相手こそ、塩見たちがだまされた夏澄でした。いったい、何人の男をだます気でしょうか?

 

しかし夏澄は、【京極法律事務所】に堂々と乗りこんできます。夏澄は、結婚の約束はしてなかったと言い張ります。さらに、裁判で不利となるような指輪以外の品物をみつがせるという徹底ぶりでした。

 

夏澄は開き直り、塩見がだまし取られたと主張する土地を500万で引き取る、と言い出します。元値の1/6の金額とはいえ、交渉をまとめようとする夏澄。どうもひっかかります。翔子は、【ローズ・ブライダル】と夏澄はグルではないか、と疑います。

  

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話ネタバレ・・・いち・おく・えん・だ~っ!

不動産もレストランも、み~んなグル!

塩見は、【ローズ・ブライダル】から自己開発プログラムをいくつも勧められていました。上手な話し方や食べ方のマナーなど、様々なコースをなかば強制的に受講させられていたのです。

 

指示していたのは、【ローズ・ブライダル】の代表・相田 栞(あいだ しおり=東ちづる)でした。不動産業者も高級レストランもグルになって、会員からお金をしぼり取っていました。

 

翔子たちのすすめで、塩見は【ローズ・ブライダル】に対して、3300万の民事訴訟を起こします。1億円の慰謝料もこみです。(いち・おく・えん・だ~! ⇦ 猪木のマネ?)

 

ところが、【ローズ・ブライダル】の被告代理人には、【Felix & Temma法律事務所】の海崎(向井 理)がつくことに。翔子は、不思議でなりません。詐欺まがいのグループを弁護するのは、ウラがあるのでは?と考えます。

 

 敗訴? いや、勝負はこれから

さて、東京地裁で口頭弁論がはじまります。

証言台に立った栞(しおり)は、

「セミナーの受講を強制した覚えはない」

と言い張ります。

 

そこで、青嶋はサクラ会員だった女性たちが、茅野に本音をしゃべる動画を提出します。彼女たちは、【ローズ・ブライダル】の指示があったことをバラします。

 

ところが、海崎は冷静でした。青嶋の動画は違法に入手したものだから証拠として認められない、と主張するのです。

 

その結果、海崎の主張が認められます。裁判官は、塩見たちの訴えをしりぞけます。

 

傍聴席にいた翔子は、納得いきません。

「詐欺師を守って被害者をみすてる裁判官がおかしい!」

とどなります。

 

その数日前から、翔子を元・悪徳弁護士だとする週刊誌の記事が出回っていました。法廷から出てくる証拠を、マスコミが取り囲みます。

 

ここでも翔子は

「裁判官に、なんらかの圧力があったんじゃないの?」

とぶちまけます。

 

実は記者を集めたのは、翔子自身でした。世間の注目を、裁判に向けさせる狙いがあったのです。

 

翔子は被害者たちをあつめ、集団訴訟に踏みきる決意をするのでした。