映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第40話のあらすじ&ネタバレ!吉本のルーツは世良?

 

f:id:entafukuzou:20181115091028j:plain

【たちばな塩業】の従業員(=塩軍団)のひとり、赤津(永沼伊久也)が料理人の修行をしていたことが判明します。赤津は、飯たきを手伝うことになります。

 

いっぽう。福子はまたもハナの旦那さんにお金を借りようとしていました。

ハナは

「福ちゃんがちゃんと考えてあげないと、会社までつぶれてしまうわよ」

と、厳しくもあたたかい言葉をかけてくれるのでした。

 

鈴さんの部下が誕生!? 第39話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

11月15日(木)放送!『まんぷく』第40話・あらすじ

タカ(岸井ゆきの)が実家から電話をかけてきます。

「もう手伝えないかも」

タカは、涙ながらに語ります。

 

 

翌日。【たちばな塩業】の2回目の塩の出荷日です。またしても、世良(桐谷 健太)がトラックで売りにいってくれることになります。タカの様子が心配だった福子(安藤サクラ)は、途中まで相乗りさせてもらうことに。

 

福子は、克子(松下奈緒)の家を訪ねます。克子は困った顔をしています。忠彦(要 潤)が体調をくずしたのに、絵を描くのをやめないというのです。

 

父親が心配なタカはしばらく休むように説得しますが、忠彦は聞き入れません。

「戦争で描けなかったぶんを、取り戻すんや」

と必死です。

 

第7週「私がなんとかします!」40話・ネタバレ

いっぽう。世良は、萬平たちの作った塩を専売局にもってゆきます。塩の品質は、高い評価を受けます。

 

ところが世良はそのまま専売局で売らずに、闇市の業者に転売してしまいます。克子の家に立ち寄ってきた福子は、そうとも知らずに世良のトラックに乗ります。

 

世良は、萬平(長谷川博己)には満額ぶんの料金だけ渡し、差額ぶんは自分の懐(ふところ)に入れてしまいます。

(⇦ 前回は半額ネコババしたので、少しは改心した?)

 

萬平がお金の計算をしていると、神部(瀬戸康史)がやってきます。

神部は

「塩づくりは大変なんですね」

としみじみ言うと、給料のことで他の従業員たち(=塩軍団)が心配していることを告げます。

 

「今月は、前回よりおおめに支払えると思う」

萬平がそう教えると、神部は喜び、塩軍団に報告にゆくのでした。

                         第41話へつづく。

2分でわかる!『まんぷく』第41話のあらすじ&ネタバレ!福子が浮気? - 映画ときどき海外ドラマ

 

今日の朝ドラ受け・・・吉本興業のルーツは世良?

萬平たちの作った塩を闇市の業者に横流しして、差額をぶんどった世良。そのようすを見ていた博多華丸さんは、怒り心頭!

 

「(世良は)悪党でしょう! 1回だったら私も許してますよ。でも、2回ですよ! 満額でこれだけですよって渡して、でも差額は抜いて・・・吉本のやり方と似てますね。吉本のルーツは世良にありますね!」

 

怒りの矛先が、吉本興業にむかう華丸さんでした。