映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第32話のあらすじ&ネタバレ!鹹水(かんすい)と煎熬(せんごう)

f:id:entafukuzou:20181106084319j:plain

泉大津にある、海のみえる倉庫に引っ越してきた福子たち。倉庫にあった鉄板と目の前に広がる海をみて、萬平は考えこみます。

 

そんな萬平は、食堂でうす味のラーメンを食べます。

「そうだ! 塩だ!」

どうやら、塩づくりを思い立ったようです。

 

www.entafukuzou.com

 

 

 

11月6日(火)放送!『まんぷく』第32話・あらすじ

 

福子(安藤サクラ)と鈴(松坂慶子)は、近所の家を歩いてまわります。着物と食べものを交換してもらうためです。

 

鈴は「物乞いみたいで、イヤ!」と不満そう。

 

2人は、ハナ(呉城 久美=くれしろ くみ)の家にも寄ります。ハナのだんなさんは、地主の息子さんでした。他にも着物があれば高く買う、と言ってくれます。

 

いっぽう。萬平(長谷川博己)と神部(瀬戸 康史)は、塩の作り方を学ぶために兵庫県の赤穂(あこう)に来ていました。

 

海水の塩分濃度は、およそ3%。そのまま煮詰めると、時間がかかってしまいます。そこで、いったん濃度の高い“鹹水(かんすい)”という状態を作ります。

 

 

第6週「お塩を作るんですか!?」第32話・ネタバレ・・・でも、茶色い

 海水を鉄板の上に何度も流して、濃度のあらい鹹水(かんすい)にするのです。

 

次に、できた鹹水(かんすい)を水分がなくなるまで煮詰めて、“塩の花”を作ります。この作業が、煎熬(せんごう)です。(⇦ 漢字が変換で出てこない~)

 

 

萬平と神部はさっそく倉庫に戻って、教わったとおりに作ってみます。

 

夕飯をがまんして、作業に集中する2人・・・みごと、“塩の花”ができました。

「塩や! 塩です」

神部はできた塩をなめて、大喜び! 福子と萬平も、塩の完成を喜びます。

 

鈴だけは

「茶色いわ。でも、茶色い」

となめようとしません。(⇦ 鉄板の色がそのまま塩に移ってしまっただけ)

                           第33話へつづく。

 

2分でわかる!『まんぷく』第33話のあらすじ&ネタバレ!鈴さんは塩対応 - 映画ときどき海外ドラマ

鈴さん、泣く泣く着物を売る

鈴は、生活のため大事にしていた着物を手放すことになります。

 

ハナの旦那さんが最初に買い取ってくれた着物は、300円でした。戦後まもなくの300円は、現在の10万円ぐらいです。

 

これだけでは済みませんでした。鈴は、咲の結婚式で着ていた大事な羽織まで売ることに・・・ハナの旦那さんは、500円で買い取ってくれました。現在のお金に直すと、17~18万円前後になります。

 

悔しそうに泣いていた鈴さん。気持ちが、少しはわかりますね。