映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

「ONE PIECE」にマー君?日本版『SUITS/スーツ』5話あらすじ&ネタバレ!

 

 

f:id:entafukuzou:20181105075208j:plain

初めて法廷に立った大輔は、畠中 美智瑠の前に敗れてしまいます。それでも、マンションのオーナーが不当に住民を追い出していたことを突き止め、控訴審では逆転で勝つことができました。

 

いっぽう。甲斐は、新薬の副作用をめぐる裁判を担当します。開発者たちの病気の人を救いたい、という思いが被害者たちにも伝わり、訴えの取り下げに成功します・・・

 

第5話では、会話の中に「ONE PIECE」のセリフや、ヤンキースの田中将大投手のネタもありました。合わせてご紹介します。

 

第4話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

5分でわかる!月9版『SUITS/スーツ』第5話あらすじ

遊星(磯村勇斗)が逮捕されたことが、思わぬ事態へ

【幸村・上杉法律事務所】では、上半期の決算報告が行われていました。扱った訴訟の数が一番多いのが蟹江(かにえ=小手伸也)で、売り上げがトップだったのが甲斐(織田裕二)でした。

 

代表のチカ(鈴木保奈美)は、2人に歌舞伎のチケットをプレゼントします。

 

そんなとき、大輔(中島裕翔)に悪い知らせが届きます。遊び友達の遊星(磯村勇斗)が逮捕されたというのです。大輔は、祖母がケガをしたと嘘をつき、彼のところへ向かおうとします(⇦ 遊星と友だち関係を続けていることは、隠していたため)。

 

すると甲斐は、自分の車を使うように指示します。

 

大輔は、運転手の赤城(ブラザートム)にだけは事情を話し、警察署へと急ぎます。

 

ところが! 赤城の不注意で、運送会社のトラックと衝突事故を起こしてしまいます。相手は【ひふみ物流】という運送会社のドライバー、糸井(半海一晃)でした。 大輔は事務所の名刺を渡し、糸井のケガを心配します。その場の対応を赤城に任せて、遊星のもとへと急ぎます。

マー君(田中投手)との食事つきチケット!

警察署についた大輔は、遊星の身柄を引き受けます。飲食店であばれてしまった遊星は、店側から弁償を求められていました。借金の返済でお金も住む場所もなかった遊星は、ネットカフェで寝泊まりしていました。

 

翌日。出社した大輔は、事故の現場を途中で離れてしまったことを追求されます。甲斐は、大輔がまだ遊星に関わっていたことに気づいていました。あらためて悪友と縁を切るよう、通告します。

 

糸井と赤城の衝突事故の件は、話がこじれていました。甲斐は、示談の交渉をするために糸井のもとを訪ねます。甲斐がお見舞い金を差し出すと、糸井は怒りだします。

「たったこれだけで・・・」

糸井は、示談には応じてくれませんでした。どうも、糸井と甲斐との間には過去にも何かがあったみたいです。

 

経緯を知った大輔は、

「【ひふみ物流】の顧問弁護士に頼んで、糸井さんに示談に応じるよう説得してもらったらどうです?」

と提案します。

 

甲斐は、なぜか浮かない顔。それもそのはず。【ひふみ物流】の顧問は、蟹江だったのです。甲斐は蟹江の部屋を訪れ、歌舞伎のチケットを渡し、協力を求めます。さらに、ヤンキースのマー君との食事つきチケットまでプレゼント。

 

ところが、蟹江はこれだけでは満足しません。甲斐の秘書、伽耶子(かやこ=中村アン)を数日間貸し出すように要求します。

甲斐を逆恨みする糸井、示談には応じず

たまらないのは、伽耶子です。たとえ数日でも、蟹江の秘書なんか絶対にイヤです。そこで伽耶子は、お芝居をします。

屋上から

「もう何もかもが嫌になったの」

と飛び降りようとします。

 

蟹江はあわてて、伽耶子を止めます。自殺願望のある秘書なんか使えない・・・蟹江は、伽耶子を秘書として使うことはあきらめます。

 

いっぽう。大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)から気になる情報を聞きます。実は、甲斐と糸井の間には因縁があるというのです。

 

かつて糸井は、【糸井ベアリング】という部品製造会社の社長でした。ところが、【糸井ベアリング】が開発した製品が、大手メーカーから特許侵害で訴えらてしまいます。このとき、相手側の顧問だったのが甲斐でした。

 

甲斐は大手メーカーの味方をして、糸井の会社の申告漏れやワイロの事実をあばき、訴訟をあきらめさせます。その結果、糸井の会社は倒産し、妻と従業員を失うことになってしまったのです。糸井は、甲斐のことを恨んでいました。(⇦ すぐに話し合いに応じなかったのは、このときの仕返しのためなんですね)

 

数日後。甲斐と糸井の会話がネットに流されます。録音テープは、甲斐が糸井をおどしているように編集されていました。甲斐にとっても、【幸村・上杉法律事務所】にとっても打撃です。

 

いっぽう。遊星に金を貸していた借金取りたちが、大輔を探して【幸村・上杉法律事務所】まで来ていました。遊星が返せなかった借金を取り立てるためです。大輔は、運転手の赤城のおかげで間一髪みつからずに済みます。

 

悪い連中が寄ってくるのは、悪い友達とつき合っているからだ・・・甲斐は、遊星ときっぱり縁を切るように再び忠告します。

 

ウソップとドフラミンゴのセリフも? 漫画「ワンピース 」ネタ

ウソップのセリフ

第5話では、マンガ「ONE PIECE 」のセリフが使われていました。ネットカフェでしょぼんとしていた遊星に、大輔は

「ここが地獄じゃあるまいし、そんな死にそうな顔するなよ」

と励ますシーン。

 

これは、『ONE PIECE 』の第44巻、第427話の「ここが地獄じゃあるめェし」のセリフです。

 

ルフィがルッチの六王銃の弾をくらって倒れている時に、ウソップがルフィに大声で叫んでいる場面。

 

ウソップ「お前の顔なんか見にきたワケじゃねえ! おいコラ、“C9”のボスネコ! さあ、俺さまが相手してやる、かかってこい!」

ルフィ「え?  おい、やめろ。やめろよ! お前、あいつに手ェ出すな」

 

(中略)

 

ルフィ「バカか、やめろウソップ。殺されるぞ!」
ウソップ「だまれ! じゃあ、死にぞこないのお前に何かできるってのか?」
ルフィ「コイツはおれがブッ飛ばすんだ!」


ウソップ「だったらすぐに立てよ! だったら! 死にそうな顔してんじゃねぇよ! お前らしくねぇじゃねーか! 爆煙で黒くたって、空も見える。海も見える・・・ここが地獄じゃあるめェし! お前が死にそうな顔すんなよ! 心配させんじゃねーよ、チキショー!」
ルフィ「・・・わかってる。ここは地獄でもなんでもねェ」
ルッチ「・・・」
ウソップ「勝って、みんなで一緒に帰るぞルフィ!」
ルフィ「当たり前だ!!」

 

ドフラミンゴのセリフ

糸井に示談交渉に応じてもらった後のやり取りでも、「ONE PIECE」のセリフが使われていました。

 

大輔「正義は勝つ、ですね!」

甲斐「それは違う、勝者だけが正義だ!」

 

これは、頂上決戦の最中にドフラミンゴが言ったセリフです。

 

「海賊が悪? 海賊が正義? そんなものはいくらでも塗りかえられてきた!

平和を知らねえ子供どもと、戦争を知らねえ子供どもとの価値観は違う!

 

頂点に立つものが善悪を塗りかえる!

今の場所こそ中立だ!

 

正義が勝つって? そりゃあ、そうだろう。

勝者だけが正義だ!

オリジナル版『SUITS/スーツ』との違いは?

アメリカ版の原作では、こういったセリフには『スターウォーズ』や『ゴッドファーザー』などの映画の名ゼリフが使われていました。

 

日本版『SUITS/スーツ』では、権利関係の許可が取れなかったようです。その代わりに、日本のファンがわかるようなマンガのネタなどが使われているのですね。

『SUITS/スーツ』5話ネタバレ!

運転の過失があったのは、糸井も同じ

大輔は、赤城の車と糸井のトラックが衝突したとき、すぐ後ろを走っていた別の車のことを思い出します(⇦ 大輔は、天才的な記憶力の持ち主でした)。それは、掃除代行業者の車でした。

 

大輔は、その車のドライブレコーダーを見せてもらいます。すると、糸井のトラックは一時停止をしなかったばかりか、制限速度もオーバーしていた事がわかります。

 

大輔と甲斐は、再び糸井のもとを訪れます。運転規則をやぶっていたことがバレた糸井は、言葉に詰まります。甲斐は、ネットに流れた中傷記事を訂正することを要求。糸井は、しぶしぶ示談に応じると約束するのでした。

大輔、遊星とついに縁を切る

さて、大輔が事務所にもどると、借金取りが待ちぶせしていました。遊星を誘拐したことを明かし、彼の借金500万円を肩代わりするよう要求したのです。

 

 

大輔は、約束の場所へ向かいます。金貸しの男たちとの取り引きです。大輔は、遊星と引き換えにアタッシュケースを渡します。

 

ところが、ケースの中身はお金ではありませんでした。中身は、借金取りたちが不当にお金を巻き上げている証拠写真でした。大輔は、男たちが貸金業法や利息制限法に違反している証拠の書類もつきつけ、手を引くように要求します。男たちは、引き下がるしかありませんでした。

 

助けてもらった遊星は

「信じられるのは、やっぱお前しいない」

と感謝します。ところが大輔は

「恩を感じているなら、オレに近づくな。更生したいなら、俺のいない場所でやってくれ」

と突き放します。弁護士活動を続けるために、長年の友だちと縁を切る決意をしたのです。

 

そのころ。甲斐のもとには、かつての上司で次長検事の柳(國村隼)が来ています。

柳は

「手を貸してほしい」

と頼みますが、甲斐は断ります。柳が汚職事件で世間をさわがせていた事を知っていたからです。