映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

5分でわかる!『リーガルV』3話のあらすじ&ネタバレ!ヤメ検・大鷹がヤバい!

 

f:id:entafukuzou:20181026123723j:plain

米倉涼子主演の『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』が好調です。第1話の視聴率は15.0%で、第2話が18.1%。

 

ポチ呼ばわりされる青嶋(林遣都)、あっけらかんとした現役ホスト・茅野明(三浦翔平)のイケメンぶりも話題です。

 

この記事では、『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』第3話のあらすじ&ネタバレをお届けします。

 

第2話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

『リーガルV』3話あらすじ・・・桐山漣の危険な男ぶりがヤバい!

桐山漣が演じるのは、“女の敵”

【京極法律事務所】のメンバーは、御岳(みたけ)登山鉄道(※)を利用してキャンプ場へやってきました。事務所の親睦会をひらくためです。

 

すると、ヤメ検こと大鷹 高志(勝村正信)とバッタリ会います。(⇦ というより、大鷹がみんなの後をつけてきた?)大鷹によれば、このキャンプ場で2カ月前に女性の死体が見つかったとのこと。

 

被害者女性の夫、浅野 洋平(桐山漣)は事件当日に現場にいたとみられています。その上、浅野は妻に生命保険をかけており愛人までいました。浅野が容疑者となった決め手は、ネットの投稿写真でした赤いパーカーに身を包んだ浅野が、現場近くで目撃されています。

 

ところが、本人は無実を訴えていました。犯行時刻とみられる午後4時には、新宿にいたと言い張っていたのです。大鷹は、この男の弁護を引き受けました。そして、【京極法律事務所】に協力を求めたのです。

 

※御岳登山鉄道があるのは、東京都青梅市。新宿とは53.1km 離れています。自動車で1時間22分の距離です。

浜松と新宿の距離は254.1km!(3時間33分) 蟹江は本当に浜松にいた?

勝ち目のない裁判に、事務所のメンバー達は反対します。しかし、小鳥遊 翔子(たかなし しょうこ=米倉涼子)は違いました。裁判で勝てたら、事務所の宣伝をすることを条件に協力することに決めたのです。

 

浅野は、新宿で高校時代の恩師、蟹江(岡本信人)に会ったと証言します。蟹江は、現在は浜松高校で教えている、とのこと。そこで大鷹と翔子は、静岡県の蟹江のもとへ向かいます。

 

蟹江の妻・光代(原 日出子)は新宿など行ってないと答えます。蟹江も、裏山で絵を描いていたと言います。

 

翔子たちが話を聞いていると、浜松高校の若い教師、吉沢 恵と杉田 麻美(吉木りさ)がみかんを届けにきます。(⇦ まじめで温厚そうな蟹江が、浅野と会ったことを完全否定。やはり、浅野のアリバイは崩せないのでしょうか?)

蟹江先生は、若い奥さんといた!

浅野の裁判では、検察官を片山 虎雄(矢島健一)が、裁判長を榎本 肇(えのもと はじめ=大河内浩)が担当します。2人とも大鷹の先輩で、第1話のちかん冤罪事件でも検察側有利に裁判をすすめていましたね。

 

青嶋 圭太(林遣都)や馬場 雄一(荒川良々)は赤いパーカーを着てフードを被って写真を撮り、聞きこみをします。すると、目撃者はみな浅野と間違えて「この男が当日、現場にいました」と答えるのでした。

第一回の公判で、青嶋はこの点を指摘します。続いて、大鷹は浅野の愛人・聡美(さとみ)を証人に呼びます。聡美は、浅野とホテルで待ち合わせたものの合流できなかった、と証言します。

f:id:entafukuzou:20181026123950j:plain

ところが、検察の片山が浅野の暴力性について尋ねると、聡美は2回たたかれたと答えます。これを聞いていた浅野は、立ち上がって声を荒らげます。
「蟹江先生はどうした? 証人として呼ぶんじゃなかったのかよ! 俺は会ったんだよ。キレイな若い奥さんが会釈してくれたんだよ!」

 

ゲスト

浅野 洋平(あさの ようへい)・・・桐山 漣

妻を殺した容疑で逮捕された男性。遺体の身元を確認して号泣する姿がニュースで流され、人々から同情される。

 

しかし、のちに愛人がいて、妻に高額の生命保険をかけていた事が判明する。

蟹江 光晴(かにえ みつはる)・・・岡本 信人

浅野の高校時代の担任。美術の教師。妻と田舎で静かに暮らしている。浅野の在学中には、問題を起こした彼を助けた。

蟹江 光代(かにえ みつよ)・・・原日 出子

蟹江の妻。おだやかな性格。

杉田 麻美(すぎた あさみ)・・・吉木 りさ

浜松高校の若い教師。蟹江の同僚。

 

第3話の視聴率は、15.9%!

第1話が15.0%で、第2話が18.1%。

 

高視聴率で推移していますが、まだ安定していません。視聴者も見続けるべきドラマか、見定めているのではないでしょうか。

 

『リーガルV』3話ネタバレ・・・ヤメ検・大鷹、男を見せる!

理恵(安達祐実)、ハッキング技術で投稿者をつきとめる!

翔子と大鷹は、ふたたび浜松まで飛びます。ホテルの出口で待っていると、蟹江が麻美と並んで出てくるではありませんか! 蟹江は、若い教師と浮気していたのです。

 

f:id:entafukuzou:20181026123832j:plain

 翔子は、蟹江に証言させようとします。すると、大鷹が止めます。大鷹はある裁判で失敗したあと、娘が学校でいじめられ妻子と別れるハメになりました。

 

夫を信じている光代に浮気のことを知らせて、家庭を崩壊させることが忍びなかったのです。他のやり方で、浅野の無実は証明しようとします。(⇦ 意外な一面!)

 

事件に進展がありました。犯行時刻の直後、午後4時30分に浅野が現場にいる写真がネットに投稿されたのです。今度はフードで隠れたものでなく、はっきりと浅野の顔が映っています。

 

京極 正彦(高橋英樹)は写真の構図から、最初に投稿されたものと同じ撮影者だと推測します。さらにパラリーガルの伊藤 理恵(安達祐実)は、ハッキングして投稿者をつきとめます。(⇦ 理恵は、銀行の金をオンライン上から横領しようとした過去があるとか・・・こわ~い!)

 

投稿者は、真壁 修一という男でした。

 

大鷹は、【Felix & Temma法律事務所】の天馬 壮一郎(小日向文世)に呼び出されていました。

【Felix & Temma法律事務所】の弁護士、白鳥 美奈子(菜々緒)は

今すぐとりかかっていただきたい冤罪事件がございます」

と、声をかけます。天馬は、翔子と縁をきって自分の事務所に来い、とスカウトしたのです。しかし、大鷹は浅野の事件を抱えている身。返事を先のばしにします。

妻(原日出子)と浮気相手(吉木りさ)、怒りのタッグ!

第二回公判が始まります。投稿者の真壁が証人として呼ばれました。

 

大鷹は、写真に映った浅野の影の長さを問題視します。陽がかたむく午後4時30分には、影が長くなるハズ。ところが、真壁が撮った写真は影が短かったのです。写真は、ねつ造されたものでした。大鷹は、真壁自身が犯人ではないのか、と疑います。

 

ところが、片山はこの件について、事前の申請がないことを指摘。これ以上、法廷では追求できません。

 

片山は、蟹江を証人として呼びます。

蟹江は、あろうことか、

「新宿で浅野と会ったと証言するように、弁護側から頼まれました。浅野くんには、罪を認めて反省してほしい」

と証言します。(⇦ 新宿にいた疑いが強いのに、しらばっくれてますね!)

 

ところが・・・蟹江がなにげなく傍聴席をみると、なんと! 妻の光代と麻美がとなりに座っています。

光代が

「反省するのはあなたよ!」

と言えば、麻美は

「一緒に行ったじゃない、私と新宿に! これ、ホテルのレシートよ!」

と追撃。

 

実は、翔子が麻美に写真を見せていました。そこには、蟹江と恵の2人がホテルに入ってゆく姿が映っています。蟹江は麻美とだけでなく、恵とも浮気していたのです。(⇦ 蟹江は、学校の若い女性教師2人とつき合っていたのです! おのれ、うらやましい!)

 

かんねんした蟹江は、新宿で浅野と会ったことを認めます。浅野の無実が証明されたのでした。犯人はやはり、写真を投稿していた真壁でした。

ヤメ検・大鷹(勝村正信)、【京極法律事務所】の新メンバーに!

裁判のあと、大鷹は会見を開きます。そこで浅野のえん罪を晴らすために、【京極法律事務所】の協力があったことを告知するはずでした。ところが、会見場に大鷹の娘・小春があらわれます。大鷹は告知を忘れて、小春に抱きつくのでした。

 

大鷹は、あらためて雇ってもらおうと【Felix & Temma法律事務所】を訪れます。

美奈子からは、

「あのとき、“今すぐ”と言ったのをお忘れですか? お引き取り下さい」

と言われ、門前払いされてしまいます。

 

行き場のなくなった大鷹は、仕方なく【京極法律事務所】に戻ってきます。

 

大鷹「どうしてもって言うなら、ここに入ってやってもいいんだぞ!」

翔子「(キレ気味)入ってやってもいい、だ?」

大鷹「ウソです。ここに入れて下さい。お願いします。何でもします」

翔子「いいよ」

 

こうして、ヤメ検(※)こと大鷹は正式に【京極法律事務所】の所属弁護士となったのでした。

 

※ヤメ検とは、検事をやめて弁護士になった人のことです。