映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

気温15℃は寒い?暖房をつける目安とは?

f:id:entafukuzou:20181025073809j:plain

※この記事は、約3分で読めます。

朝晩、冷えるようになってきましたね。本格的な冬が近づいてくると、暖房をつけたくなります。とはいえ、エアコンを使えば光熱費もかさんでしまします。

 

暖房を使い始める目安となる気温・室温はあるのでしょうか? 

 

室温17℃は寒い?

当たり前ですが、寒さを感じる人によってそれぞれ。20℃を下回ったら寒いと感じる人もいれば、10℃でも全然平気という人もいます。

 

それでも、統計的には年配の人ほど寒さに強いことがわかります。

 

スーパーマーケットで買える電気「スマ電」を運営する、株式会社アイ・グリッド・ソリューションズは2016年に冬の節電についてのアンケートを行ないました。

 

prtimes.jp

 

これによると、20代、30代は20℃を下回ると半数近くが「寒い」と感じています。いっぽうで、50代、60代、70代は15℃を下回ったら「寒い」と感じる人が多いようです。

 

 暑さ・寒さには湿度も関係! 不快指数とは?

 不快指数が「60」を下回ると、人は寒さを感じる

ただし、「暑い」「寒い」の感覚は気温だけでは測れません。たとえば、梅雨の時期は空気がムシムシしていると、気温以上に暑く感じます。

 

これには、湿度が関係しています。

 

『不快指数』という指標があります。気温をT(℃)、湿度をH(%)とした場合、不快指数は

0.81 × T × 0.01 × H (0.99 × T - 14.3) + 46.3

という計算式で表すことができます。

 

通常は“夏の蒸し暑さ”を数値化するときに使う指標ですが、この不快指数が60を下回ると、多くの人は寒さを感じるといわれています。

 

不快指数

55以下・・・寒い

55~60・・・肌寒い

60~65・・・何も感じない

65~70・・・快い

70~75・・・暑くない

75~80・・・やや暑い

80~85・・・暑くて汗が出る

85以上・・・暑くてたまらない

10月の東京では、16℃を下回ると寒く感じる!

湿度や気温は、地域によっても大きく変わります。ここでは例として、東京の気温・湿度をあげます。まず、東京の30年間の10月の平均湿度を割り出してみました。

気象庁|過去の気象データ検索

 

数値は、66.2%。これを計算式

0.81 × T × 0.01 × H (0.99 × T - 14.3) + 46.3

に当てはめると・・・

 

気温15℃で湿度66%だと、不快指数は58.8。体感は「肌寒い」となります。
気温16℃で湿度66%だと、不快指数は60.3。体感は「何も感じない」となります。

 

東京では、10月でも16度を下回ると多くの人が肌寒さを感じることになります。

 

※不快指数の計算には、こちらのサイトにお世話になりました。

keisan.casio.jp

 

暖房をつけ始めるきっかけの温度は?

上で紹介した「スマ電」のアンケートでは、暖房をつけ始める温度についても紹介されています。それによると、

気温20℃を下回ったらつける人が、35.4%

気温15℃を下回ったらつける人が、44.4%

気温10℃を下回ったらつける人が、16.3%

となっています。

 

それでは、電力を扱うプロの人たちはどのような意見なのでしょうか?

『東京電力』では、「暖房は11月から。使用の目安は室温20℃を下回ったら」と提唱しています。

www.kurashi.tepco.co.jp

 

エアコンの設定温度については、環境省は20度にするように奨めています。暖房の温度設定を1℃低くすると、およそ10%の消費電力を削減することができます。