映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第10話のあらすじ&ネタバレ!

f:id:entafukuzou:20181011103227j:plain

咲は結核という病気だと判明します。

 

萬平の紹介で、咲は専門のお医者さんのいる病院へ入院します。ところが、鈴は福子とは二度と会わないでほしい、と萬平に頼みます。

 

第9話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

10月11日(木)放送!『まんぷく』第10話・あらすじ

咲(内田有紀)が萬平の紹介してくれた病院に入院してから数カ月。桜の咲く季節になりました。

 

咲のもとに、克子(松下奈緒)とその夫の克彦(要潤)が見舞いにきます。克彦は、咲に絵をプレゼントします。それは、桜と桜の間から鳥が飛びたつ、美しい絵でした。

 

今井家では、福子(安藤サクラ)と母の鈴(松坂慶子)が味噌汁を飲んでいます。

鈴は、
「あの人(=萬平)とは会ってないでしょうね?」
と福子に確認します。

鈴は夫を支えるだけの人生でした。旦那さんに苦労させられるような生き方を、娘たちにさせたくないと思っていたのです。

第2週「・・・会いません。今は」第10話・ネタバレ

いっぽう。萬平の作っていた根菜切断機の売り上げが良くありません。

会社をともに経営する加地谷(片岡 愛之助)は、

「軍隊がよろこぶような新型の兵器を作ったらどうだ?」

と提案します。

 

萬平が断ろうとすると、加地谷は

「キレイごとで、金もうけはできんぞ!」

と怒ります。

 

そんなとき、福子と克子、克彦は医者から呼び出されます。

「もう何日も、もたないかもしれません」

と、医者は告げます。咲の命がいよいよ危なくなってきました。

                      第11話へつづく。

2分でわかる!『まんぷく』第11話のあらすじ&ネタバレ! 咲ねえちゃーん! - 映画ときどき海外ドラマ