映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

使いにくい?U-NEXTのデメリットは?「その他」とは?映画好きがメリットも解説!

スポンサーリンク

使いにくい、ユーネクスト、その他、デメリット

※この記事は、2021年2月に更新しました。

定額料金を払うことで、映画やドラマを楽しめる動画配信サービス。Amazon プライムビデオ、Netflixなど様々なサービスがあり、どれを選んだらいいか迷うほどです。

 そんな動画サービスのひとつ、U-NEXT(ユーネクスト)。実は、映画好きにとって魅力的なラインナップなのに、ネットでの評判は良くありません。どうしてか?

つ、使いにくーーーい!!

この記事では、映画好きな筆者がユーネクストのデメリットを正直に解説しまし。あまり知られていない「その他♡」のジャンルについても触れてゆきます。

 

こんな人に読んでほしい!

動画サービスって何かしら?ネットで決済するのも怖いわ

NetflixやHuluを試したけど、見たい映画が全然ない

 

まず、U-NEXT(ユーネクスト)の映画コンテンツが向いている人は限られます。

  1. これまで、TSUTAYAなどを利用していた年配の人
  2. 古い映画やヨーロッパの若手監督にまで興味がある映画通

 

逆に、お金がなくて、少しでも安いサービスを利用したい学生

Amazonプライムビデオdtv(ディーティービー)がおすすめ

【初回31日間無料/dTV】月額550円(税抜)映画・ドラマ・アニメ・韓流、話題作ゾクゾク追加!

テレビの地上波で放送されるような、ハリウッドのわかりやすい映画が好きな人

Hulu(フールー)がおすすめ

これからの流行を作っていくような尖った作品、海外ドラマが見たい人

Netflix(ネットフリックス)がおすすめ

そもそもU-NEXT(ユーネクスト)とは? 他のサービスとどこが違う?

 U-NEXT(ユーネクスト)とは、どんなサービスなのか? 公式サイトから特徴をまとめてみます。

① 210,000本以上の動画が見放題! 最新レンタル作品も充実!

②「観る」と「読む」がひとつのアプリで!

③ 毎月もらえる1,200ポイントで新作のレンタルや漫画の購入ができる!

④ ダウンロード機能で、いつでもどこでも視聴可能!

 

 月額2,189円(税込み)。初回のみ、31日間の無料体験が利用できます。登録すると600円ぶんのポイントがもらえて、有料のレンタル作品を視聴する際に使えます。

U-NEXTのデメリットとは?新作はどれぐらい見れるの?

 1.複雑なポイント制・・・システムがわかりにくい!

 U-NEXT(ユーネクスト)は、月額2,189円の契約を結んだあと、すべての映画やドラマが見放題になるわけではありません。

  • 見放題作品・・・月額料金内で、いくらでも見てもよい作品
  • レンタル作品・・・視聴するには、199~550ほどのポイントが必要

わかりやすく言えば・・・

ケーブルテレビのように、契約した定額料金内で、何本でも視聴できる① 見放題の作品と、

TSUTAYAのレンタル作品のように、1個1個の動画ごとに個別の料金がかかる② レンタル作品

この2種類が、ひとつのサービスの中に混在している、という事です。そして、毎月もらえる1,200ポイントをレンタル作品の視聴にあてる、という複雑なシステムなのです。 これが、“使いにくい”理由です。

2:新作は、ほとんどがレンタル作品

 U-NEXT(ユーネクスト)のサービスを紹介しているサイトを見ると、さも新作がたくさん視聴できるような錯覚を起こしてしまいます。

しかし、新作のほとんどは、1本あたり550ポイントほどかかるレンタル作品です。月額契約を結ぶと毎月1,200ポイントをもらえますが、実際のところ、このポイント内で新作は2~3本しか見られません。

ここを理解してないと、

「思ってたのと違う」

という不満を抱いてしまいます。

 

ただし、月額料金の安いAmazonプライムビデオやdtv(ディーティービー)も、新作はほぼレンタル作品です。金額も1本あたり540円ぐらいで、U-NEXT(ユーネクスト)と変わりません。
また、Netflix(ネットフリックス)やHulu(フールー)は、そもそも新作を扱ってません。2~3か月経ってから、やっと配信されるようになります。

 

結局、新作をネットで見ようと思ったら、どのサービスを使ってもお金がかかるのね

見たい新作にだけポイントを使うようにしないと・・・U-NEXTは使い方にコツが要るんだね

 

ポイントを消費しきっても、1,000円単位でお金をチャージすることはできます。ただ、ふだんは見放題を楽しんで、ここぞという時にポイントを使うのがコツです。

購入明細はU-NEXTのメニューから確認できます。細かくチェックするよう心がければ、無駄遣いを抑えることができます。

購入明細を確認したい | U-NEXTヘルプセンター

U-NEXTのメリットとは?「その他♡」とは?

U-NEXT、古典映画、使いにくい、デメリット

 メリットを3つ列挙します。「その他♡」については、3項目目をみてください。

1.古い映画が、見放題でたくさん見られる!

Netflix(ネットフリックス)やHulu(フールー)は、若い人向けのサービスです。ハリウッドの人気映画、話題の海外ドラマなど、いま流行のエンタメに振り切ったラインナップとなっています。古い映画はほとんど置いてません

Amazonプライムビデオには古い映画も置いています。ただし、1950年代~1990年代頃の作品になると、一部の作品をのぞいてレンタル料金がかかります

 

その点、 U-NEXT(ユーネクスト)では、かなりの数の古い映画を見放題で楽しむことができます。2021年2月現在、見放題で視聴できる作品の例。

  • 『望郷』(1937年)・・・ジャン・ギャバン主演
  • 『砂塵』(1939年)・・・マレーネ・ディートリッヒ主演
  • 『エデンの東』(1954年)・・・ジェームス・ディーン主演
  • 『ナバロンの要塞』(1961年)・・・グレゴリー・ペック主演

 など、他のサービスでは扱っていないような古い映画も置いてあります。

2.ヨーロッパの巨匠の芸術映画が、見放題でたくさん見られる!

ベルイマン、ゴダール、フェリーニ、ベルトルッチ、キェシロフスキ・・・これらの名前を聞いて、パッとわかる人は相当なヨーロッパ映画通でしょう。

 彼らの監督作をDVDで買おうと思ったら、1万円を越えることも珍しくありません。

 

U-NEXT(ユーネクスト)では、このような巨匠の作品を、見放題で視聴することができます(⇦ 年代が古くてもレンタル作品があるので、注意!!)。

2021年2月現在、見放題で視聴できる作品の例。

  • 『ベニスに死す』(1971年)・・・ルキノ・ヴィスコンティ監督
  • 『ラストタンゴ・イン・パリ』(1972年)・・・ベルナルド・ベルトルッチ監督
  • 『ノスタルジア』(1983年)・・・アンドレイ・タルコフスキー監督
  • 『エレニの帰郷』(2008年)・・・テオ・アンゲロプロス監督

いろいろな感性の映画に出会うことができ、きっと“自分だけに刺さる”一本が見つかります。

3.ここだけの話、「その他♡」の見放題がスゴい!

ユーネクスト、デメリット、使いにくい、その他♡

 U-NEXT(ユーネクスト)は、大手の動画サービスのなかでも珍しく、“18歳以上の人向け”の作品も取り扱っています。こちらも見放題とレンタル作品とがありますが、見放題作品だけでもかなりの数があります。

 この手の動画を普通にネットで見ようと思ったら、怪しげな広告が入っていたり、変なサイトに飛ばされたり・・・ビクビクしながら見ている人も多いと思います。

 U-NEXTならこういう心配はせずに、キレイなフル動画を見ることができます。ウィルスの不安もCMもありません。

 U-NEXTのジャンルを調べてみてください。「邦画」「海外ドラマ」などのジャンルの下に、「その他♡」という項目が見つかるはずです。無料体験中も「その他♡」の見放題作品は視聴できます。

また、年配の人なら懐かしい成人向け映画「日活ロマン・・・」も配信されています。この手の作品は、他のサービスではまずお目にかかれません。

まとめ

  U-NEXT(ユーネクスト)は作品のラインナップからすると、あきらかに年配の人むけ、コアな映画ファン向けのサービスです。本来なら、どこよりもわかりやすいシステムにすべきなのに・・・複雑なポイント制のため、取っつきにくくなっています。

 

ただ、地元のTSUTAYAが潰れて困っている人映画のレパートリーを広げたいと思っている人には、いちど試して欲しい動画サービスです。使いにくいのは事実ですが、その不便さに慣れてくると、コンテンツの充実ぶりがわかってきます。