映画ときどき海外ドラマ

映画・ドラマを楽しむブログ。たまに雑学。

使いにくい?U-NEXT(ユーネクスト)の評判は?メリット・デメリットを解説!

f:id:entafukuzou:20190523045555j:plain

※この記事は約8分で読めます。

定額料金を払うことで、映画やドラマなどのコンテンツを楽しむことができる、動画配信サービス(通称:VOD)。Amazon プライムビデオ、Hulu、Netflixなど様々なサービスがあり、利用者はどのサービスを選んだらいいか、迷うほどです。

 

この記事では、そんな動画配信サービスのひとつ、U-NEXT(ユーネクスト)についてお伝えしたいと思います。

 

他社サービスと比較した上で、ユーネクストのメリット・デメリットを正直に解説したいと思います。

 

動画配信サービスのシステムは、おもに2種類

 

動画配信サービス(VOD)には、大きくわけて2つのシステムがあります。

 

1:すべての作品が見放題のHulu、Netflix

 

Hulu、Netflix は月額料金を払えば、すべての映画やドラマを視聴することが可能です。シンプルでわかりやすいシステムです。ただし、新作が入荷されるのがやや遅い、という傾向があります。

 

2:月額料金+個別課金制のAmazon プライムビデオ、ユーネクスト

 

Amazon プライムビデオは、月額わずか500円程度でドラマ・映画・バラエティが見放題のサービスです。ただし、すべての作品が見放題というわけではありません。新作や一部の作品を視聴するには、作品単位で1本につき数百円払う必要があります。

 

ユーネクストは、このサービスと近いシステムです。月額料金で見放題の作品と、個別にお金を払うことで視聴できる作品とがあるのです。Amazon プライムビデオと同様、新作や一部の作品は個別に利用料金を払う必要があります。

 

3:同じ個別課金なら、Amazonプライムビデオのほうが安い?

 

HuluやNetfulixは、新作映画の入荷が遅い。それなら、安いAmazonプライムのほうがお得じゃん! そう思う人もいるかもしれません。

 

しかし、Amazonプライムの場合、1990年代とか2000年代の映画もレンタル(=個別課金)扱いのことが多いです。

 

わたしがAmazonプライムビデオだけに加入していたときのこと。個別課金作品がどうしても見たくて、月に4~5本ぐらいレンタルしていたことがあります。1本あたり、190円~400円程度かかりますので、1000円から1600円ぐらいの追加料金がかかっていました。新作なんて、500円ぐらいしますので、新作2本観ただけで1000円かかります。

 

つまり、月額500円の定額料金+1000円~1600円の追加料金がかかるので、結局ユーネクストとほとんど変わりません。

 

 

 

U-NEXTは、ポイント制

ユーネクストには、【月額料金+個別課金制】に加えて、さらに特徴的な制度があります。それが、ポイント制です。これには、無料期間にもらえるものと、視聴契約を交わしてから毎月支給されるもの2つがあります。

 

ポイントは、個別課金作品を視聴する際に消費します。

 

1:初回無料トライアル期間で、できること。

 

ユーネクストは初回31日間の無料トライアル期間があります。この期間内は、見放題の作品をタダで視聴することができます。また、トライアル登録時に600ポイントが付与され、このポイントの範囲内でレンタル(個別課金)作品を観ることもできます。

 

2:トライアル期間が終わった後の、ポイントはどうなる?

 

無料期間が終わって、そのまま契約を継続すると、毎月1200ポイント加算されます。1990円の月額料金のうち、1200円分は個別課金作品の購入にあてられる、という訳です。

ポイントには有効期間があります。この期間は、付与された日から90日間となっています。

 

3:ポイントを使い切った場合は?

 ポイントを消費しきってしまった~でも、個別課金の作品が観たい! という時は、その都度、購入できます。

 

1ポイント=1円で、1000ポイントからチャージできます。

 

 

U-NEXTのメリットとは?

f:id:entafukuzou:20190520011647j:plain

1:新作映画の入荷が早い!

 

動画配信サービスと新作映画のあつかい

 

動画配信サービスのひとつの欠点。それは、新作映画がラインナップに加わるのが遅い、という点です。Hulu、Netflix ともに、レンタル店に比べて、新作が加わるのに早くとも2~3カ月はかかります。

 

そもそも、契約上の問題もあり、新作映画のすべてが入荷されるわけではありません。

 

ユーネクストは個別課金作品が多いものの、新作の入荷が早いのが特徴。HuluやNetflixに比べ、視聴可能な新作映画の本数も多めです。

 

大手のサービスの特徴を大まかにまとめたのが、下図です。

大手の動画配信サービス
Hulu、Netflix 新作映画の入荷が遅い・少ない すべて見放題
Amazon、ユーネクスト 新作映画の入荷が早い・多い 見放題+個別課金

 

 個別料金を払ってでも新作映画を観たいかどうかが、サービスを選択するときのひとつの指標となります。

 

ユーネクストは、ぼぼレンタルショップの入荷と同じタイミングで、新作映画を視聴できます。ただ、注意したいのはその多くは個別課金作品である点。作品にもよりますが、新作映画の個別課金料金は、1作品当たり500~600円程度です。

 

 

 

付与される1200ポイントを有効に使おう!

 

ユーネクストの月額料金は、1990円。このうち、1200ポイントを個別課金作品に使えます。そこで、個別課金の新作映画を、このポイントを消費して視聴するのが賢いやり方です。

 

リリースされたばかりの新作を、月に2~3本は楽しむことができます。

 

2:韓流ドラマの本数はダントツ!

 

大手の動画サービスで配信されているドラマは、ほとんどが国内・あるいはアメリカのドラマです。これに対して、ユーネクストには500本近い韓流ドラマが揃っています。このジャンルが好きな方は、作品を選ぶのに苦労するほどです。

 

韓流ドラマの品揃えに関しては、他の動画配信サービスを圧倒します。

 

3:ヨーロッパの芸術作品、ハリウッドの古き良き作品に強い。

 

 Hulu、Netflix、Amazon プライムビデオともに、扱う映画の多くはハリウッドの人気作品です。

 

コアな映画ファンが満足するような、ヨーロッパの芸術映画(カンヌ映画祭、ヴェネチア映画祭で賞をとるような作品)はほとんど揃っていません。この点、ユーネクストはこの手の芸術映画をかなり網羅しています。

 

また、1930~1960年代のアカデミー賞受賞作などの名作もそろえています。映画の品ぞろえを重視する、という方に向いているサービスです、

 

 

4:国内ドラマは、NHKとTBSが中心

 

ユーネクストの強みは、放送中の朝ドラと大河ドラマを取り扱っていること。

 

NHKドラマの見逃し配信が視聴できる数少ないVOD(=ビデオ・オンデマンド)なのです。

 

5:雑誌が読める。

 

ユーネクストの特徴的なサービスのひとつ。オンラインで雑誌を読むことができます。

 

扱う雑誌は多岐に渡り、『non・no』『VOGUE JAPAN』などの女性誌、『MEN'S NON-NO』『週刊プレイボーイ』などの男性誌、『サッカーダイジェスト』『ぴあ』などの雑誌が見放題で読めます。

 

また、『マガジン』『サンデー』などの週刊漫画雑誌、『進撃の巨人』『キングダム』などのコミックも扱っています。ただしマンガの場合、人気作は個別課金制となっています。

 

6:アダルトコンテンツが充実している。

 ユーネクストは、動画配信サービスのなかでも珍しく、アダルト作品も取り扱っています。

 

こちらも見放題作品と個別課金作品とがありますが、見放題作品だけでもかなりの数があります。

 

検索機能も充実していて、人気女優別・メーカー別・ジャンル別・シチュエーション別で作品を探すことが可能です。

 

 

 

※無料トライアル期間に見放題作品を観るだけなら、お金はかかりません。また、600ポイントの範囲内で個別課金作品を観るぶんにはタダです。

 

U-NEXTのデメリットとは?

  

 1:月額料金が高め

 ユーネクストの利用料金は、月額1990円(税抜き)。

Amazon プライムビデオが月額約500円、Hulu が約1000円、Netflix が約800~1800円(画質によって異なる)と比べたら、割高感は否めません。

 

ただし、Amazon プライムビデオは公開から2~3年経った映画も、個別課金であることがあります。また、HuluやNetflixはアート系映画や古い映画はほとんど扱っていません。

 

少しマイナーな映画や準新作を月に何本も観ようと思ったら、結局は品ぞろえの多いユーネクストのほうが割安だったりします。

 

2:新作は、ほとんどが個別課金(PPV)作品

 

ユーネクストには見放題作品がおよそ80,000本、レンタル(個別課金)作品がおよそ50,000本用意されています。ところが、新作はほとんど個別課金作品です。

 

ただし、HuluやNetflixは、そもそも新作をほとんど扱っていません。置いてなければ、結局TSUTAYAなどでレンタルすることになり、定額料金の他に別料金がかかることになります。

 

それならば、ユーネクストで毎月与えられる1200円分の視聴ポイントをうまく使い、新作映画をポイントで観るようにすれば、出費をおさえられます。

 

 

 

本当の評判は?【2020年版】

 

ユーネクストを利用した人の率直な意見を集めました。

 

プラスの意見

・ディズニー作品が豊富。

・ダウンロード機能が充実しているから、オフラインでも楽しめる。

・ヒット作だけじゃなく、ヨーロッパ映画や古き良き映画も楽しめる。

・韓流ドラマの品ぞろえが圧倒的!

 

マイナスの意見

 ・もらったポイントは90日で消滅してしまう。

・月額料金が割高、個別課金も多い。