映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

演技はヘタ?上手?『半分、青い』の永野芽郁は子役出身!出演映画から演技力を検証

f:id:entafukuzou:20180803112244j:plain

※この記事は約7分で読めます。

朝ドラ『半分、青い』で主人公・楡野 鈴愛(にれの すずめ)を好演、抜群のコメディエンヌぶりを発揮している女優の永野 芽郁(ながの めい)さん。現在、大手芸能事務所スターダストプロモーションに籍をおく彼女。永野さんは小学3年生の頃から芸能活動を始めています。

 

この記事では彼女の子役時代を振り返り、より大きな役を演じるようになった近年の出演映画をご紹介してゆきます。演技力は実際どうなのか、検証もしてみます。

 

永野 芽郁(ながの めい)は本名?

名前の、“芽郁(めい)” は難しい字を使ってますよね。これは、芸名なのでしょうか?

 

調べてみたところ、どうやら “永野 芽郁” は本名のようです。彼女が所属する事務所のプロフィールにも特に記載はありません。また、芸能界入りしてからすぐに始めたのがモデルの仕事なのですが、この頃から “永野 芽郁” の名前で活動しています。

 

STARDUST - スターダストプロモーション制作1部 - 永野芽郁のプロフィール

 

永野 芽郁 子役時代のおもな出演作

2010年にドラマ『ハガネの女』で、吉瀬美智子演じる主人公の小学生時代を演じています。これが、ドラマデビュー作です。

 

2013年には大河ドラマ『八重の桜』で、佐藤みゆき演じる山川 常盤(やまかわ ときわ)の少女時代を演じています。

 

2016年にも大河ドラマに出演、『真田丸』では千姫を演じています。

 

徐々に大きな役をこなすようになり、2016年の『こえ恋』(テレビ東京)では主演、2017年の『僕たちがやりました』(関西テレビ)ではヒロインを演じています。

 

そして、満を持して『半分、青い』の楡野 鈴愛役をゲット! 朝ドラでは演技未経験の新人をヒロインに抜擢することが珍しくありません。ただ、永野芽郁さんの場合、すでにかなりのキャリアを積んでいたことがわかります。

 

永野さん演じる看板娘・三条 燕がかわいい・・・『るろうに剣心』

f:id:entafukuzou:20180803205035j:plain

あらすじ

幕末の動乱期、天才的な剣の腕をもち幕府要人たちに恐れられている暗殺者がいた。人呼んで人斬り抜刀斎・・・

 

それから10年。かつての抜刀斎は緋村剣心として、全国を転々としながら弱き者のために剣をふるっていた。

 

そのころ東京では2つの事件が世間を騒がせていた。ひとつは、抜刀斎の名をかたった辻斬りの横行。もうひとつは、中毒性の高い新型アヘンのまん延。事件の裏には、アヘンを密売し莫大な利益をあげている悪徳貿易商・武田観柳の存在があった・・・

 

見どころ

香港映画界で活躍するアクション監督が製作に参加、戦闘シーンは圧巻です。従来のチャンバラ・アクションとは違う、エンターテイメント性の高い殺陣が斬新です。

 

永野芽郁さんは牛肉屋の娘、三条 燕を好演しています。少年剣士・弥彦が一目ぼれしてしまうほど、可憐な少女になりきっています。脇役にすぎませんが、存在感は只者ではありません。

 

三浦翔平と白濱亜嵐から好かれる女子高生役・・・『ひるなかの流星』

f:id:entafukuzou:20180803100116j:plain

あらすじ

田舎から東京に転校してきた女子高生が、イケメンの担任教師と女の子が苦手な同級生との間でゆれ動く様子を描いたラブストーリー。

 

主人公の与謝野すずめ(永野芽郁)は、転校先の担任教師・獅子尾 五月(ししお さつき=三浦翔平)と知り合う。獅子尾はすずめのことを【ちゅんちゅん】というあだ名で呼び、何かにつけて面倒を見てくれる。

 

一方、すずめの隣の席になった同級生・馬村 大輝(まむら だいき)はいつも愛想がない。だが実は、女の子に対して免疫がないだけだった。

 

担任の獅子尾に惹かれてゆくすずめだったが、馬村からも恋心を持たれてしまう。すずめは、2人のイケメン男性との三角関係にゆれる・・・

 

見どころ

原作は、やまもり美香による同名マンガ。物語は、少女漫画らしい王道ストーリーです。永野さんが演じる主人公のすずめは、地味だけど言うべきことは堂々と言うタイプ。

 

とはいえ『半分、青い』の鈴愛に比べたら、どこにでもいるような普通の女の子。くるくると変わる永野さんの表情が、観ていて楽しい作品です。ただ、地味な主人公がなぜイケメン2人からモテるのか、はイマイチ伝わってきません。むしろ、馬村に片思いするクラスメート・猫田ゆゆかを演じた山本舞香さんのほうが魅力的に見えます。

 

本作の永野さんは、イケメン2人を惹きつけるほどの魅力を表現できなかった印象です。ただしこれは、二枚目が向こうから惚れてくれる、という少女マンガ特有の問題とも言えます

 

おてんばなお嬢さまを熱演・・・『帝一の國』

f:id:entafukuzou:20180803102355j:plain

 

あらすじ

有数の名門校である海帝高校。この学校で生徒会長になると、将来の入閣が保証されるという。

 

この学校にトップの成績で入学した赤場 帝一(あかば ていいち=菅田将暉)には、大きな野心があった。それは、いずれ総理大臣となって自分の国=【帝一の國】を作ること。

 

まずは2年後に控えた生徒会長選挙に向けて、1年生のうちから権力者に近づいて足場を固めなければならない。全国から集まってきたエリート高校生との闘いが始まる・・・

 

見どころ

生徒会長選挙を政党の代表選挙に見立てて、派閥争いを繰り広げる物語が面白いです。

 

とはいえ、最大の見どころは今をときめくイケメン俳優が総出演していること。主演の菅田将暉を始め、ライバルを演じた野村周平、竹内涼真、千葉雄大など若手の二枚目俳優がオーバーな演技で楽しませてくれます。

 

『半分、青い』の出演者でもある、志尊淳(=ボクテ役)や間宮祥太朗(=涼ちゃん役)も重要な役どころで登場します。なかでも、間宮祥太朗は『帝一の國』では全くの別人。『半分、青い』のちょっと頼りない涼ちゃんからは一変! 銀髪のカツラをつけ、下級生も恐れるカリスマ副会長になりきっています。

 

永野さんはというと、帝一の幼なじみ・美美子を演じています。登場場面は多くありませんが、恋人の帝一とのすれ違いに悩むお嬢さまを繊細に表現しています。こちらも『半分、青い』の鈴愛とは正反対のキャラクター。違いを楽しめます。

 

エンディングでは、曲に合わせてダンスも披露してくれる永野さん。ポッキーガールのCMみたいな可愛らしさです。

 

伊野尾 慧さん主演映画で小悪魔役・・・『ピーチガール』

f:id:entafukuzou:20180803105941j:plain

あらすじ

ギャル風の見た目のため、遊んでいると誤解されている女子高生もも(山本美月)。女子から一番人気の岡安 浬(おかやす かいり=伊野尾 慧)とキスした、という噂まで広まってしまう。

 

ももには仲のよい友達・柏木 さえ(永野 芽郁)がいた。さえは、ももが欲しがるものは何でも欲しがるタイプ。ももが中学時代から東寺ヶ森 一矢(とうじもり かずや=新田 真剣佑)が好きだったと知ると、さえは東寺ヶ森の気をひこうとする・・・

 

見どころ

Hey! Say! JUMPの伊野尾 慧さんと、山本美月さんのダブル主演となる青春ラブストーリー。上田美和による人気マンガが原作で、アニメ化はもちろん、台湾ではドラマ化もされています。

 

永野さんは髪をバッサリ切り、コミック史上でも最強と呼ばれる“小悪魔キャラ”に挑んでいます。4人の恋模様はすれ違いにつぐすれ違いで、切なくなります。永野さんは大げさな役のほうが、魅力を発揮できる女優さんですね。

 

 

永野芽郁 オフィシャルブログは?

更新頻度はそれほど高くはありませんが、公式ブログでは撮影秘話などがつづられています。『半分、青い』の撮影が終わり、余裕ができたらブログも更新される?

 

永野芽郁 オフィシャルブログ「ひなたぼっこ中」 – スターダストプロモーション永野芽郁 オフィシャルブログ

 

まとめ

 朝ドラのヒロインは女優の登竜門。記憶に新しいところでは、『朝がきた』の波留さん、『とと姉ちゃん』の高畑充希さん、『ひよっこ』の有村架純さんらが朝ドラ出演以降にドラマや映画で大きな役を得ています。

 

すでに抜群のキャリアをもち、演技力も申し分ない永野さん。今後の活躍から目が離せません。