映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

春田と牧は何を語った?『おっさんずラブ』第2話・副音声の内容とは?

f:id:entafukuzou:20180602234439j:plain

※この記事は約7分で読めます。

放送前はイロモノ扱いされながら、そのピュアな内容が受けて人気ドラマとなった『おっさんずラブ』。実は、第2話と第6話には副音声 放送がありました。出演者や監督などが撮影の裏話などをゆる~く語っています。

 

このページでは第2話の副音声 放送の内容をふり返りたいと思います。分量がとても多いので、ハイライトシーンをピックアップしてお届けします。

 

 

第2話 副音声 

第2話の副音声では、春田創一 役の田中圭さんと牧凌太 役の林遣都さんが出演。

 

副音声、需要あるの?(笑)

 

田中:そもそもさ、この副音声って要る?

林 :まだ撮影中なんで、客観的に見るとかしたくないっていうか・・・

 

田中:この『おっさんずラブ』がきっかけで遣都と仲良くなって、お酒飲み行ったりご飯食べ行ったりしてるんだけど、スタッフさんからホントに付き合ってるの?って言われて・・・

林 :言われますね。

田中:いや俺らも遊んでるばっかりじゃないから、ジム行ったんだよね。

林 :やっぱ圭君めちゃめちゃいい体してるじゃないですか。(トレーニングについて行くの)マジきつかった。

 

田中:後輩と何てしゃべったらいいか、すごい気にしちゃうの。遣都としゃべった時もそうだけどさ。先輩から後輩にしゃべりかけるとパワハラなんじゃないかな?とか。ご飯行こーよとかいうのもさ、断りにくいじゃん。

林 :忘れられない誘い方でした。まだその時「林くん」ぐらいのテンションのとき、ちなみに今日予定あんの?みたいなぎこちない感じ。なんか、遊び行く?

田中:(笑)

林 :いや~素敵な誘い方だなあ~って。で、飲みに行って。

田中:ね。いっぱい飲んだね。いっぱいしゃべったね。

 

 

林 :出たよ眞島さん。武川主任。

田中:武川さんって、「正宗」っていう名前なんで覚えておいて下さい、皆さん。

林 :コメディの眞島さんって面白いですよね。このカッコいい顔で。

 

お風呂場でのキスシーン

 

田中:あの、1話のラスト。2話の冒頭でも出てたキスシーンの裏話。取材でも言ってないヤツ。

林 :な、なんスか?

田中:あのキスシーンの時さ、お前、おぼれたよね?

林 :(笑) そうそう。

田中:(キスを)4秒して下さい言われたんだ。芝居しながらさ、何となく4秒数えてさ、チューしながら。あれホントにシャワー当ててるじゃん。で、遣都は上を向いてるじゃん。

林 :そうですね。

田中:そしたら途中でさ、遣都がブフ、フフってこう。やばいこいつおぼれてるって。

林 :圭君のほうが背が高いんで、どうしても下からのキスになっちゃう。で、がんがんシャワーが入ってくるんスよ、目に。なんか切ない顔してたねって言ってもらえるんですけど、結構おぼれてたから・・・

田中:いいね。色んなものにおぼれたいね

 

 

(舞香のセリフ):私は全部それ。

田中:これ、どういうセリフ? 「全部それ」って言われた時の気持ち。

林 :いや~無視っス。

田中:(笑)

林 :舞香さんの恋愛はどうでもいいって。でもその後のセリフはくるものがありますね。

(舞香のセリフ):好きになっちゃいけない人なんか、いないんじゃないかしら。なーんちって。

田中&林:何がだよっ!

田中:ちょっと俺ら今、一瞬副音声ぽくなかった?

林 :副音声ぽかったですね。

 

 

(春田のセリフ):男どうしでキスとか、マジでねーから。

林 :サイテー。

田中:でも、やっぱさー。牧に好かれないといけないしさ。春田のセリフ、台本どおり言うとさ、絶対好いてもらえない。台本と関係なく、ちゃんと牧と部長に好かれたい。

林 :あ~。

 

吉田鋼太郎は乙女?野獣?

 

(吉田鋼太郎の芝居を見て)

田中:本当に女の子っていうか乙女なんだよな~。

林 :僕はなんか牧の立場かわからないスけど、ちょっとでも春田さんがすきを見せると、もう乙女じゃなく野獣みたいになって・・・

田中:わかるわかる。撮影中どさくさで俺の乳首さわる、鋼太郎さん。すげー求めてくるから。すき見せたらヤラれる感はある。

林 :今まで鋼太郎さんとご一緒させて頂いて、親子の役だったり。全然台本に書かれてないのに芝居の中で、キスされてるんスよ。

田中:え~!

林 :ほんとにカメラに映ってない所でいっぱい触ってくるじゃないですか。

田中:しかもなんか触り方がエロうまいっていうか。

 

 

(牧のセリフ)   :春田さんから、手を引いて下さい。

(黒澤部長のセリフ):ちょっと言ってる意味がわからない。

田中&林:(爆笑)

田中:面白かったな~このシーン。

(牧のセリフ)  :部長に春田さんは守れません!

(部長のセリフ):ひょっとして君・・・

(牧のセリフ)   :はい。俺、春田さんが好きです。

 

春田と牧が同棲していることが明かされ、

(部長のセリフ):オメーよー

田中&牧(爆笑)

林 :さっきまで乙女だったのに「オメーよー」となっちゃう所、面白い。

田中:面白いよね。

(牧のセリフ) :春田さんの悪いところ、10個言えますか?

(部長のセリフ):えーっとー

田中:すぐ乗っかるっていう(笑)

(部長のセリフ):存在が好き。カワイ過ぎる・・・

(牧のセリフ) :優柔不断。朝、不規則。服、脱ぎっぱなし。好き嫌い多い。

田中:この後のさ、鋼太郎さんのアドリブも超好きなんだよね、俺。

(部長のセリフ):春田、そんなんじゃねーよ!

田中:「春田、そんなんじゃねーよ」でつかみかかるって、もう秀逸だよな~。これ、2人マジでつかみ合ってるからね、皆さん。春田が本当に止めに行かないと大変なことに。

林 :もう、ホント暴言はきそうになった。

田中:(爆笑)

 

林遣都 = チワワ?

f:id:entafukuzou:20180606083205j:plain

撮影中、田中さんは林さんのことを「チワワみたいな顔」だと思っていたことが発覚。

林 :ぼく、かわいいって言われるの、好きじゃないんですよ。

田中:じゃあ、何て言われたいの?

林 :かっこいい、渋い。

 

このやりとりがきっかけで、林遣都 = チワワ  で検索されるようになったとか。

潤んだ瞳・・・確かに、林遣都くんだ!

 

 

まとめ

たった7話でお終いなんて、“おっさんずラブ”ロスになってしまいそうですよね。