映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

どんな話?Netflixドラマ『13の理由』いじめが凄すぎて注意喚起も!

スポンサーリンク

f:id:entafukuzou:20190519143135j:plain

出演者みずから、「視聴の際は気をつけて!」と注意をうながす前代未聞の展開。Netflix制作の『13の理由』は、クラスメイトの死に揺れ動く高校生たちをめぐる人間ドラマです。

 

繊細な10代の心をリアルに描いたこのドラマは、異例の大ヒットとなりました。この記事では、ドラマ『13の理由』のおすすめポイント、シナリオの構成の面白さについてお伝えしたいと思います。

 

どんな話?『13の理由』のシーズン1のあらすじ?

 

郊外にある高校に引っ越してきたばかりのハンナが、自ら命を絶ってしまいます。ハンナは死の直前に、自分を死に追いやった13人について吹きこんだカセットテープを残していました。

 

ハンナと映画館で一緒にアルバイトをしていたクレイは、彼女の残したテープを手に入れます。

 

誰のどんな行動がハンナを追いつめたのか? 

 

クレイはテープを再生しながら、ハンナの死の真相に迫ってゆくのです。

 

www.netflix.com

 

 

いじめが凄すぎて注意喚起も!『13の理由』3つのリアル

 

1.SNS時代のいじめに晒される高校生たち

 

わたしの高校生時代、学校に携帯電話をもってくる生徒なんて、いませんでした。

 

ところが今は、誰もがスマホをもつ時代。高校生でも当たり前のように、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムを使いこなしています。しかし、便利なはずのSNSは使い方を間違えば、凶器と化します。

 

『13の理由』のハンナは、女友達のコートニーとじゃれ合ってキスしてしまいます。ところが運悪く、同級生のタイラーに撮影されていました。写真はSNSで拡散され、ハンナはクラスメイトから白い目で見られるようになります。

 

 

ハンナはある夜、生徒会長のマーカスに喫茶店に呼び出されます。感じのよいマーカスに、ハンナは好意をもってました。ところが!

 

 

店には、バスケ部のザックをはじめ、体育会系の男子たちが待っていました。ハンナのことを“尻軽女”とみなしたマーカスが、あいつなら「簡単にヤらせてくれる」と噂を広めていたのです。

 

「集団暴行されるかも・・・」

 

ハンナは恐怖にさらされながら、一歩も動くことができませんでした。

 

 

2.嫌い!ひどい!重い! 陰湿すぎる展開は、「み~んな、自分がかわいいから」

 

ハンナを救えなかった、と後悔した内気なクレイ。彼はハンナの残したテープを頼りに、ハンナをいじめた生徒たちを暴いてゆきます。

 

ところが悪質なことに、ハンナをいじめた生徒たちは、作戦会議をします。クレイが真相に迫るのを邪魔するのです。彼らもみな、人に言えない悩みをかかえていました。

  

クレイがハンナのことを調べ続けたら、自分たちの秘密がバレてしまうかもしれない。いじめた連中が自分の秘密を守ろうとする様子は、実に胸クソ悪い。

 

 

ただ、このドラマが面白いのは、ハンナがなくなる前に色々と準備しておいたこと。

 

タイラーの恥ずかしい動画をあらかじめ撮影しておき、予約投稿しておいたのは、その一例。もう死んでいるハンナが、あの手この手で自分をいじめた連中に復讐するのが斬新です。

 

3.短いのに胸に突き刺さるセリフ!

 

10代の少年少女が何気なく放つセリフに、思わずハッとさせられます。


「人生が壊れる」
「人生は、もう壊れてる」

「いい子なんかいない」

「あの子は意地悪だ。だから人気がある」

 

 

 

『13の理由』見どころ・・・わかっている結末を、どう語るか?

 

わからない!時系列はどうなってるの?

 

『13の理由』は、おもに2つにパートから成り立っています。

  1. ハンナの死後・・・クレイの視点で、事件の関係者に話を聞いてゆく
  2. ハンナが自ら命を絶つ前・・・ハンナの視点で、自分を追いこんだ犯人たちを告発してゆく

 

ハンナの死後 ⇨ ハンナが自ら命を絶つ前 ⇨ ハンナの死後 ⇨ ハンナが自ら命を絶つ前 ⇨ 

 

時系列でいうと、現在と過去をいったりきたり、描いていることになります。

 

物語としては変わった構成です。もうわかりきっている結末に向かうお話なわけですから。犯人の名前を知りながら、推理小説を読むようなものです。

 

それでも『13の理由』は面白い。関係者たちが、思いもよらないような秘密をかかえているからです。

 

 

巻き戻る時系列!『13の理由』に影響を与えた映画

 

最初に「誰かが死ぬ」という結末が明かされ、その死の真相に迫ってゆくストーリー。実は、似たような構成の映画が2本あります。

 

『アメリカン・ビューティー』(1999年)

 

アメリカン・ビューティ - 予告編 - YouTube

 

 物語は、すでにこの世を去ったレスターという中年男のモノローグ(=主人公の語り)で進みます。平凡だったレスターの家庭がどう崩壊していったのか、レスターがなぜこの世を去ることになったのかが、ミステリー仕立てで描かれます。

 

第72回のアカデミー賞で作品賞を受賞しています。

 

『明日、君がいない』(2006年)

 

14時37分。校内の誰かが自殺を図る。いったい、誰が自ら命を絶つのか? また、それはなぜなのか?

f:id:entafukuzou:20190616000318j:plain

 6人の悩み多き高校生たちを中心に、登校から事件が起こるまでをドキュメンタリーの手法で描いた問題作。

 

まるで、サッカー中継のように縦横無尽に校内を動き回るカメラワークは、必見です。撮影技法は、ガス・ヴァン・サント監督の『エレファント』のマネでしょうが、監督のムラーリ・K・タルリは、本作を19歳のときに撮ったというから驚き。

 

これ、ホントに衝撃の映画でした!

 

ドラマ『13の理由』のシナリオ構造は、『明日、君がいない』によく似ています。

 

 

まとめ

 

『13の理由』を現在いじめに悩む中高生が見る場合は、注意が必要です。その衝撃的な内容にショックを受けることが予想されるからです。とくに最終話は、本当に大人と見たほうがいいかもしれません。

 

ある程度人生経験を経てくると、他人から否定される事なんてしょっちゅうです。誰かに否定されたからといって、人生が終わるわけではありません。どこかに、必ずあなたを理解してくれる人がいます。

 

このドラマが、フィクションである事だけはつけ加えておきます。