映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

アドセンス審査に受かるには何記事必要?ネットの噂を検証【2019年版】

f:id:entafukuzou:20190318233855j:plain

ブログに貼った広告をクリックしてもらえるだけで、収入が発生するグーグルアドセンス。通常のアフィリエイトは、直接リンク先の商品を購入してもらって初めて収益となります。クリックだけで収益が出るアドセンスは、初心者にとって取り組みやすい副業ビジネスといえます。

 

しかし、その審査は厳しいことで有名です。なかには、十数回落ちた人もいるぐらい。

 

本ページではまったくのブログ初心者だった筆者が、ブログ開設後わずか1週間でアドセンス審査を通過したコツをお話したいと思います。

 

※追記:申請時の記事数について調査しました。(2019年2月のデータです)

 

 

ブログ運営のきっかけ

 もともとアマチュアで小説やシナリオを書いていた私。文章を書いて小銭かせぎできないかとネットを探して見つけたのが、クラウドワークスというサービス。

 

crowdworks.co.jp

 

在宅ワークを斡旋してくれる会社で、よそ様のホームページの記事を書いたりアプリ開発のお仕事を受注できます。

 

しかし、単価は安く、雀の涙ほどの報酬しかもらえません。それなら自分でブログを立ち上げて稼いでみよう、と思ったのがきっかけです。

 

ただし、こちらで人様のブログ記事を書くことで学べたこともあります。記事の見出しの立て方、SEO対策の考え方などです。依頼主から校正もしてもらえるので、文章力を磨くこともできます。

 

さて。アドセンスに関して何も知らなかった私ですが、勉強のため書籍を購入することにしました。『まだやってなかった? 副収入が毎月10万円稼げるしくみ』(つた書房)という本を読み、アドセンス審査のための準備作業に入ります。

 

まだやってなかった? 副収入が毎月10万円稼げるしくみ

 

Googleアドセンスの審査用ブログを作る

 

 グーグルアドセンスの審査に通すには、無料のブログサービスではダメです。有料のブログサービスに登録し、独自ドメインの取得することが必須となります。

 

 

ドメインとは、検索エンジンがあなたのブログを認識するために必要な識別番号。インターネット上の住所のようなものです。

 

筆者はムームードメインを利用しました。

muumuu-domain.com

 

 

ブログ構築のソフトとしては、WordPress(ワードプレス)が有名です。WordPressを使えば、思うがままにサイトやブログをデザインできます。

 

しかし、検索エンジンにブログを認識してもらうのに、時間がかかります。アクセスがなかなか伸びず、結果が出るまで我慢が必要となるのです。

 

初心者にはハードルが高そうだったので、私ははてなブログproという有料のブログサービスを使うことにしました。

 

ブログサービスの中でも初心者に使いやすく、検索エンジンの評価も高いと言われています。比較的容易にアクセスを集めることができるのも魅力です。

hatenablog.com

 

 

独自ドメインの取得とはてなブログproの利用代、合わせて月額1000円近くを初期投資しました。地道に記事を更新し続ければ、数か月後には回収できる金額です。

 

 

アドセンス審査にまつわるネット上の噂を検証

 

f:id:entafukuzou:20190215154133j:plain

グーグル側は、アドセンスの明確な審査基準を公表していません。そのため、ネット上には矛盾するような情報が入り混じっています。

 

1記事あたり1000文字。記事は10記事以上必要?

 

1記事あたり500文字程度、記事数5つで審査を通過した、という話を耳にすることがあります。

 

私が受かったとき、ブログの記事数は12。文字数は、1記事あたり1000文字ほどでした。

 

記事数は極端に少ないと、グーグル側にコンテンツ不足と判断される可能性があります。「コンテンツ不足」だと審査に通らなくなってしまいます。

 

また、1記事あたりの文字数も、1000文字以上あるほうが望ましいと思います。というのも、実際にアドセンス広告を貼る際、あまりに文字が少ないと広告だけを強調しているように見えてしまうからです。ある程度の文章量があったほうが、配置する広告とバランスがとれます。

 

 

ブログ初心者にとって、立ち上げた当初は記事のフォーマットに慣れるのも大切です。1000文字以上書くことを習慣づけなければ、ブログを運営し続けるのは難しいでしょう。

 

1000文字とは、原稿用紙2枚半です。慣れてくれば、決して多い文字数ではありません。

 

 

一発合格しているブログの平均記事数は、9.3記事

 

「アドセンス」「審査」「記事数」で検索表示されるブログのうち、上位50サイトを調べてみました。申請時の記事数に着目すると・・・

 

 

2~5記事・・・15サイト

 

6記事・・・4サイト

7記事・・・1サイト

8記事・・・8サイト

9記事・・・1サイト

10記事・・・5サイト

 

11記事・・・2サイト

12記事・・・3サイト

13記事・・・2サイト

14記事・・・2サイト

15記事・・・1サイト

 

16記事・・・2サイト

17記事・・・1サイト

19記事・・・1サイト

 

20記事以上・・・3サイト

 

 

計算すると、平均の記事数は9.3

 

2016年頃には、「30必要」とか言われていた時期もありましたので、審査自体がゆるくなっている可能性もあります。

 

なかには2~3記事で合格している人もいますが、この手のブログに共通しているのは専門性が高いこと。

 

雑記ブログの場合は、やはり10記事がひとつの目安となるでしょう。

 

 

審査期間はどれくらい ?

 

私が申請から合格に要した日数は、10日間

 

様々な情報を総合すると、まずはクローラーと呼ばれる機械で自動審査し、その後グーグルの担当者(人間)が個別に審査にあたっているようです。

 

中には、2~3日という恐るべきスピードで合格した人もいます。そういう人は、クローラーの審査を即パスしたのでしょう。大抵の人は何らかの不備でひっかかり、人による審査にすぐには進めないようです。

 

恐らくこのタイミングで、申請者が自主的に修正したりブログ更新したりしているか、ようすを見ているのだと思われます。不備を改め、適度に更新が行われているとが確認されると、人による最終チェックに入るのではないでしょうか。この期間は1~2週間だと推定されます。

 

この辺の情報はまったく公表されていないので、確かなことはわかりません。 初心者にできるのは、ごく基本的なことだけです。アドセンスポリシーの規約を読み、記事の修正に努めること。記事の更新を続けること。

 

 

いずれにしても、通知が来るまでの時間は人によってバラバラです。

f:id:entafukuzou:20180316002925j:plain

 

画像は貼らず、日記のような記事を書くべき?

 

わたしは、すべての記事に画像を貼っていました

 

画像を貼らないように勧める書籍やネットの情報は、確かに多いです。しかし、実際に他の人のブログを読んでわりますが、文字だけでは大変読みづらいです。

 

最低でも1記事にひとつは画像がほしいものです。画像があったからといって、審査に不利になることはありません。

 

もちろん、利用する画像は『フリー画像』を使用するか、自分で撮影した画像を使うかしましょう。

 

また、日記ブログを勧めるネットの情報もよく見かけます。当たり障りのない個人の日記なら規約に引っかかる可能性が少ない、と言う理由からでしょう。

 

でも、広告主の立場に立ってみてください。ただの日記に、広告を出す意味はあるでしょうか? やはり、ブログの記事は閲覧者にとって読む価値があるもの、というのが大前提です。

 

読者の悩みや興味あるものに答える記事、あるいは役に立つ記事を心がけましょう。読まれるものを書かなければ、長い目での運営は厳しいでしょう。

 

様々なフリー画像を紹介しているサイト様です。

www.mutant-tetsu.com

 

 

プライバシーポリシーは必要?

 

個人情報の保護に関するプライバシーポリシー。結論からいえば、イエス! アドセンス審査に通るには絶対必要です。

 

これを明記しないで審査に受かったという話は、聞いたことがありません。

 

あくまで参考例ですが、当ブログのプライバシーポリシーです。

www.entafukuzou.com

 

いろいろなサイトを参照させて頂き、自分の言葉でまとめました(細かな意味は、よくわかっていないのですが・・・)。

このままコピペして頂いても構いません。

 

 

ある程度のアクセス数があったほうがよい?

 

これに関しては、明確にノーです。

 

私が審査に出した際のアクセス数は、1日あたり10pvしかありませんでした。

 

 

アドセンスのポリシーに違反しないために

 アドセンス審査で落とされる理由の多くが、ポリシー違反の疑いがあるケース。

 

簡単にいえば、暴力を助長するコンテンツ、アダルトコンテンツ、お酒やタバコに関するコンテンツ。これらは不適切なコンテンツと判断され、広告の設置が認められないことが多いのです。

 

医薬品の紹介も、規約に抵触する恐れがあります。

 

グーグルのポリシー規約は、テレビの自主規制より厳しめな印象です。

 

必ずグーグルのページで規約を確認しておきましょう。

support.google.com

 

 

どこまでが表現として許される? NGワードとの闘い

 

アドセンス審査は、最終的にはグーグルの社員が判断しています。しかし、その前に機械による自動審査が行われているようです。

 

規約に抵触するようなNGワードが頻繁に使われていないか、チェックしていると言われています。

 

私の場合、暴力表現について頭を悩ませることになりました。当ブログは、映画やドラマを考察するブログです。ドラマの人気ジャンルのひとつに、『推理もの』があります。しかし、『推理もの』で人の生死を扱うことは避けられません。

 

このため、このジャンルを取り扱うには極めて繊細な心配りが必要となります。グーグル側に、暴力的なコンテンツと判断されかねないからです。

 

そこで、『推理もの』には頻出する“ある言葉”を「手にかける」 「なきものにする」「眠らせる」などと言い換えてみました。なるべく直接的な表現を避けて、暴力的なニュアンスを出さないよう努めたのです。

 

実は、審査中にも試行錯誤して、問題となりそうな記事を非公開にしてみたこともありました。

 

しかし、それでは扱う映画やドラマが限られてしまいます。そもそも、映画やドラマはゆきすぎた表現をするからこそ、観客に何か伝えることができるはず。それならば、それを記事にするこちらも表現と闘うべきじゃないのか?

 

結局、数度の修正を経て公開に踏み切りました。やりようによっては、推理ものでもアドセンス審査を突破できることがわかりました。

 

こちらは、審査提出時に書いたもの。事件そのものより、別の観点から映画の魅力を語っています。

www.entafukuzou.com

 

 

私の場合、どうしても推理ドラマを取り上げたかったので、このような苦労をしました。ですが、ブログ初心者はなるべく際どいジャンルに手を出さないほうが良いと思います。その理由が、もうひとつあります。

 

読者コメントの意外な落とし穴

 

ブログを訪問した人から、感想を書き込んでもらえるコメント機能。執筆者にとって、読者の反応を知ることができるありがたい機能ですよね?

 

しかし、アドセンス広告を貼る場合、この便利なサービスにも配慮が必要となります。というのも、読者コメントにNGワードが含まれていても、規約に抵触する恐れがあるからです。コメントした読者に悪気がなかったとしても、機械が勝手に違反と判断してしまうのです。

 

そうはいっても、読者との交流を楽しみたい方もいるでしょう。その場合、なるべくポリシーに引っかかるような話題は扱わないことです。

 

はてなブログでは、設定でコメント機能をoffにすることもできます。読者との交流は、ツイッターなど別の手段で図るのもひとつのやり方でしょう。

 

まとめ

 

アドセンス広告が、収入という結果となって表れるには最低3か月~半年はかかると言われています。SEO対策を施し、100記事を越えてからが勝負です。

 

ブログを始めた9割近い人が、誰にも読んでもらえない、収入にならないという理由で辞めてゆきます。順風満帆にブログを成長させることのできる人は、わずかです。1年~2年と続けて収益化できるようになった多くの人は、苦しんでもがいて、試行錯誤を重ねて続けています。

 

すぐに結果を求めるのではなく、続けること。ブログ執筆を習慣化して、長いスパンで運営してゆく心づもりが大切でしょう。