映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

競技を10倍楽しめる! 冬季オリンピックを扱った映画4選

 

f:id:entafukuzou:20180502003933j:plain

※この記事は、約4分で読めます。

 冬季オリンピックって、ふだん馴染みのない競技が多いですよね? そんなマイナーな競技に親しむ手段として、映画を見るはどうでしょうか? 楽しみながら競技のことを学べますよ。

 

冬季オリンピックの競技を題材にした映画を集めてみました。

 

 

1:『クール・ランニング』

公開   1993年

制作国  アメリカ

ジャンル コメディ

競技   ボブスレー

 

雪の降らない南国のジャマイカ。陸上選手のデリースは選考会で転倒し、夏季オリンピック出場を逃がす。オリンピック出場を諦めきれないデリースは、ボブスレーでオリンピック出場をめざすのだが・・・

 

からかわれても、陽気で前向きなジャマイカの人たち。見ている人に勇気を与えてくれる感動作です。『クール・ランニング!』は、そりに乗る際の掛け声です。

 

:『シムソンズ』

公開    2006年

制作国   日本

ジャンル  コメディ

競技    カーリング

 

学校の授業で、誰もがカーリングをやるという北海道の常呂(ところ)町。代り映えしない日常に飽きていた和子は、地元出身のカーリング選手・真人に声をかけられ舞いがってしまう。チームを作ってみないか、と誘われた和子は友達を巻き込み、カーリングの練習に参加するのだった・・・カーリングの日本代表・女子チームの結成秘話。

 

女子高生たちがぶつかり合いながらも成長してゆく、さわやかな青春コメディです。加藤ローサが、コメディエンヌとして天才的な演技を見せています。

 

3:『国家代表!?』


公開   2009年
制作国  韓国
ジャンル コメディ
競技   スキージャンプ

オリンピック誘致のため、スキージャンプの代表チームが作られることになった。しかし、競技人口がほとんどいない韓国。招致委員会は、有望な若者たちを集めて代表チームを結成しようとする。しかし、やってきたのは競技未経験の落ちこぼればかりだった・・・

チーム唯一の競技経験者・ボブは、幼い頃アメリカに養子に出されていた選手。オリンピックで活躍すれば、本当のお母さんが見てくれるかもしれない・・・彼がひたむきに競技に打ち込む姿は感動を呼びます。

www.youtube.com

 

4:『俺たちフィギュアスケーター』

公開   2007年

制作国  アメリカ

ジャンル コメディ

競技   フィギュアスケート

 

フィギュアスケート界を締め出された2人のスケーターが、男子だけでペアを結成。元スターの彼らが失った栄光を取り戻すべく奮闘する。メダリストなど、実在のフィギュアスケーターたちが本人役で登場したのも話題となった。

 

考えてもみて下さい。フィギュアスケートの男女混合ペア。もし、上で持ち上げられたり、くるくる回ったりするのが男だったら・・・おバカでしょう? そう、おバカなんです。サーシャ・コーエンナンシー・ケリガンも、よくこんな映画に出演したなと思う程、本気でくだらないシーンの連続。これ、誉め言葉ですからね。