映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

『プレデター』シリーズ一覧!時系列や公開の順番は?あらすじ・ネタバレで振り返る!

f:id:entafukuzou:20180916193228j:plain

※この記事は約5分で読めます。

2018年9月にプレデターシリーズの最新作『ザ・プレデター』が公開されます。この記事では、シリーズの過去作を順番におさらいしてゆきます。過去3作からわかった、プレデターの特徴についてもご紹介します。

 

 

 シリーズ一覧 時系列で順番に並べると

シリーズの公開順

①『プレデター』(1987年)

②『プレデター2』(1990年)

③『プレデターズ』(2010年)

④『ザ・プレデター』(2018年)

 

スピンオフ作品

①『エイリアンVSプレデター』(2004年)

②『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』(2007年)

 

時系列順

実は、プレデターシリーズは、作品ごとに登場人物も舞台も違います。宇宙生物『プレデター』の設定は共通しているものの、関連が薄いのです。

 

新作の『ザ・プレデター』は、製作者が第1作の続編と公言しています。物語の舞台とともに、時系列で並べると・・・

①『プレデター』(中央アメリカ)

②『ザ・プレデター』(アメリカ国内の研究施設など)

 

(不明)『プレデター2』(1997年・ロサンゼルス)

(不明)『プレデターズ』(未知の惑星)

 

※ただし、『プレデター2』でも『プレデターズ』でも、ジャングルで特殊部隊が襲われたことには触れています。少なくともこの2作品は、同じ世界軸かつ『プレデター』より後の時代であるようです。

 

なお、『プレデター2』では冒頭に【1997年】という字幕が出ます。ただし、他の作品では年代は明示されないため、前後関係はよくわかりません。

 

『プレデター』(1987年)

あらすじ

中央アメリカの国境近くに、アメリカの大臣を乗せたヘリが墜落してしまいます。ダッチ(アーノルド・シュワルツェネッガー)率いる特殊部隊は、大臣を救うためにゲリラ部隊が待ち受けるジャングルに向かいます。

 

ところが、この任務はニセモノだったことがわかります。ゲリラに盗まれた機密書類を取り返すことが目的だったのです。

ネタバレ

 しかし、敵はゲリラだけではありませんでした。ダッチたち特殊部隊を、サーモグラフィーで狙う謎の生命体がいたのです。異星人は、特殊部隊のメンバーを次々と殺します。光学迷彩という特殊なスーツに身を包んだ異星人は、周りの環境に溶け込むことができます。見えない所から攻撃する様子は、まるで“森が襲ってくる”ようでした。

 

異星人はダッチを追いかける途中で水にぬれてしまいます。すると、着ていた光学迷彩がとれたのです。不気味な素顔を見せ、攻撃してくる異星人にダッチはカウンターを喰らわせます。敵は高笑いをすると、手首の起爆装置をオンにします。森が吹き飛ぶほどの爆発が起きますが、ダッチは無事に逃げのびるのでした。

f:id:entafukuzou:20180916125504j:plain

 

判明した特徴

・女は襲わない
・丸腰の相手は襲わない

 

『プレデター2』(1990年)

あらすじ

1997年のロサンゼルス。L.A.警察は、コロンビアのギャング団と抗争を繰り広げていました。ハリガン警部補(ダニー・グローヴァー)は敵のアジトに侵入しますが、そこには皮をはがれ、逆さづりにされているギャング達の死体の山が! 内臓もえぐり取られています。

 

ブードゥ教を信仰するジャマイカ団のしわざとも思われましたが、ハリガンは人間がやったとは思えません。すると今度は、ジャマイカのギャング団が同じように殺されてしまいます。調査によると、圧倒的な戦闘力をもつ怪物が、食肉工場を住みかにしているようです。10年前に南米のジャングルでコマンドー部隊を襲ったのと同じ、異星人(=プレデター)であるらしいのです。

 

ネタバレ

特別捜査官のキースは、彼らが身にまとっている光学迷彩を無効化するために、工場に放射線のチリをまきます。ハリガンはプレデターを追いつめ、死闘の末にこれを撃破! ところが、地下には宇宙船があり、多数のプレデター達が! 負けを覚悟するハリガンでしたが、プレデターの一人はハリガンの闘いぶりを称えると、1715年製の銃を手渡すと立ち去るのでした。

判明した特徴

f:id:entafukuzou:20180916125509j:plain

・牛肉が好物
・赤外線しか見えない
・大昔から、地球に来ていた?

『プレデターズ』(2010年)

あらすじ

傭兵のロイスがパラシュートで降り立ったのは、未知なるジャングルでした。彼以外にも、その場には軍人や殺し屋など、「戦闘のプロ」が集められたようです。8人は、そこが地球ではないこと、自分たちが狩りの獲物として集められたことに気づくのでした。ジャングルの奥地には、多数の生物の死体も展示されていました。

ネタバレ

ジャングルの奥地に進んでゆくと、多数の生物の死体が展示されています。やがてロイス達は、10シーズンもの間、この惑星で生き延びているノーランドという男に出会います。彼の話によれば、未知の生物『プレデター』は毎シーズンのように新しい獲物を連れてきては、ゲームのように狩って殺しているとのこと。

 

ロイス達は、プレデターが惑星のどこかに宇宙船を隠し持っている、という情報を得ます。狩人の追っ手をかわしながら、脱出を試みるロイス達ですが、一人また一人と餌食にされてゆくのでした。

 

判明した特徴

・狩りが大好き
・同種族間でも、大きい者が小さい者を襲う
・高性能の宇宙船をもっている

f:id:entafukuzou:20180916193140j:plain

 

『ザ・プレデター』(2018年)

傭兵のクインは、メキシコのジャングルで奇妙な装置を発見、研究のためにアメリカ本国へ送ります。

 

ところが手違いで、装置は息子のローリーのもとに。ローリーが起動させてしまった装置は、地球にプレデターを呼び寄せる信号を発する機械だったのです。

 

長年プレデターを研究していた政府は、軍事機密を守るため、クインを監禁します。クインは刑務所に捕らえられていたならず者たちと一緒に脱走、息子と人類のために闘いに挑むのでした・・・

 

公式サイト

www.foxmovies-jp.com

 

『エイリアンVSプレデター』(2004年)

『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』(2007年)

地球には、プレデターたちが作った地下遺跡がありました。そこは、若いプレデターが大人になるための通過儀礼として、宇宙最強のモンスター『エイリアン』と戦う闘技場だったのです。

ところが、遺跡の奥深くに眠っていたエイリアン・クイーンが目覚めてしまいます。クイーンは次々と卵を産み落としてゆきます。若いプレデターと人間が共闘して、この危機に立ち向かいます。

続編となる『AVP2』では、プレデターの性質も合わせ持つ新種のエイリアン『プレデリアン』が登場。

プレデター、人類、プレデリアンの三つ巴の闘いが始まります。