映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

5分でわかる!『dele ディーリー』第7話のあらすじ・ネタバレ&犯人考察

f:id:entafukuzou:20180907161416j:plain

※あらすじだけなら5分、考察を含めると8分で読めます。

菅田 将暉 主演の金曜ドラマ『dele ディーリー』。物語も佳境に入ってきました。

この記事では、第7話のあらすじ・ネタバレと感想をお届けします。

 

今回は、推理ドラマ的な作りとなっています。祐太郎や圭司と一緒になって犯人を推理するのが、楽しい回です。まだ観てないよ~という方は、ネタバレの閲覧にはご注意ください。

 

祐太郎の妹の死の謎!そして、祐太郎と圭司は別々の道を歩む?第8話(最終回)

www.entafukuzou.com

 

こちらも話題の最終回!ラストで起こった奇跡とは?『義母と娘のブルース』第10話

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

今回は本格ミステリ。脚本を担当したのは、『相棒』の徳永富彦!

 各話ごとに脚本家・演出家が異なる『dele ディーリー』。第7話の脚本を担当するのは、『相棒』シリーズでも活躍する徳永 富彦 氏です。

 

相棒では、『すみれ色の研究』や『右京のスーツ』、『物理学者と猫』などの話を執筆しています。

 

『dele ディーリー』第7話あらすじ

削除依頼された動画には、判決を覆す証拠があった!

【dele. LIFE】の事務所に、真柴祐太郎(菅田将暉)が戻ってきます。祐太郎は、データ削除の依頼人・笹本隆(西ヶ谷帆澄)の死亡を確認してきたばかりでした。

 

【dele. LIFE】の社長・坂上圭司(山田孝之)はすぐに隆のデータを消去しようとします。しかし、圭司の姉で弁護士の舞(麻生久美子)はこれを止めます。隆は無実を主張し続けているある死刑囚の息子だというのです。その死刑囚とは、笹本清一(塚本晋也)。8年前、バザー会場でジュースに青酸(=毒物の一種)を混入して4人を殺した罪に問われていました。

 

隆から預かっていたファイルには、笹本が毒を入れたという時間に、怪しげな粉末をウォータークーラーに入れる不審な男が映っていました。舞は、この動画があれば笹本の死刑判決が覆せるかもしれない、と主張します。しかし圭司は、動画を提供するのは契約違反だと反対します。

 

笹本が死刑判決を受けたのには、理由がありました。以前にも同様の事件を起こして殺人未遂の罪を問われ、刑務所に入っていたことがあったのです。

 

祐太郎は、毒物混入事件があった公民館周辺に聞き込みにゆきます。祐太郎は、事件現場近くで夫婦で食堂を営む上野兼人(Mummy-D)から、動画に映っていた男が市会議員の宮川新次郎(千葉哲也)だという情報を聞き出します。

 

祐太郎は、酒屋の主人にも話を聞きます。すると、毒物事件でなくなった4人のうちの1人は上野の娘であることがわかります。

 

祐太郎が食堂に戻ると、上野はさらなる情報を教えてくれました。宮川は市議会選挙のときに、票のとりまとめを土木会社の社長に頼んでいました。社長は、宮川に金銭を要求していました。その社長も、毒物混入事件の被害者のひとりだったのです。

 

容疑者が増えてゆく

宮川の自宅に、圭司が訪れます。圭司は、宮川の犯行を決定づける映像があることを本人に告げます。すると、宮川はジュースの粉末を付け足しただけだ、と答えます。

 

圭司は、宮川の娘(仁村紗和)からも話を聞きます。それによると、宮川は上野の妻と不倫関係にありました。不倫相手が邪魔になった宮川が、上野の妻を消そうとして毒物を混入したものの、結果的に上野の娘が犠牲になってしまった・・・圭司は、ひとつの推論をみちびきます。

 

しかし、新たな証拠が持ち上がります。事件の当日、バザー会場には上野の持ち車が置かれていました。上野の妻と宮川が会っていたことが疑われます。もし、上野が2人の密会を知っていたら? 妻の浮気を知った上野が、妻を消そうとして毒をもったものの、たまたま娘の命を奪ってしまった・・・という可能性も出てきました。

 

祐太郎と圭司は、知らべていく内にある疑問にぶつかります。動画の撮影者は、なぜ映像を撮っていたのでしょうか? 撮影者本人が、事件が起こることを予期していたのだとしたら? 依頼人の隆が、怪しく思えてきます。

 

 

祐太郎は、笹本の息子でもある隆のことを調べ出します。すると、隆は父親が犯罪者であるせいで、子供の頃からイジメられていたことがわかります。周囲から疎外されて生きていたらしいのです。

 

祐太郎は、隆が児童養護施設にいた頃の友人から、動画ファイルをもらいます。そこには、隆が青酸をかき混ぜている映像がありました。町の人から【犯罪者の息子】という色眼鏡で見られていた隆が、住民を混乱させる目的で事件を起こした・・・という、疑いが浮上します。

 

舞は、刑務所の笹本に接見しにゆきます。死刑判決を受けている笹本は、取り調べの際には容疑を認めています。

「息子をかばうために、自白したんじゃないですか? 」

舞がそう問いかけると、笹本はキレます。

「隆は、世間に殺されたんだ。俺も息子もやってない! 犯人はあの町にいる!

 

f:id:entafukuzou:20180907161409j:plain

 

番組公式ページは、こちら。


dele.life

 

見逃し配信はどこで視聴できる?

放送終了後、1週間以内ならGYAOで観ることができます。

 

動画配信サービスのユーネクストなら、放送済みのエピソードをすべて視聴できます。新エピソードの更新は水曜日です。

 

『dele ディーリー』第7話ネタバレ(← 未視聴の人は気を付けて!)

 

 祐太郎は、新たな証拠を探すべく、聞き込みを続けます。

 

すると、宮川の娘が父親に隠れてドラッグを使用していたことがわかります。彼女はヤクの売人から頻繁にドラッグを買っていました。その売人は、毒物事件でなくなっています。宮川の娘が薬の使用を隠すため、売人を狙って事件を起こした可能性も出てきました。


さらに、酒屋の主人にも容疑がかかります。酒屋の主人は、年老いた母親に暴力をふるっていました。やはり、彼の母親も毒物事件でなくなっていました。親の面倒をみるのがわずらわしくなった主人が、青酸を混入した可能性も出てきたのです。



祐太郎は酒屋を訪れ、主人に真相をただします。すると、主人は突然、祐太郎の首を絞めます。
「何も知らないくせに、余計なことをするな!」
主人の激しい怒りに、祐太郎は言葉を失います。

一方の圭司は、宮川の娘にドラッグのことを問いただします。すると、宮川の娘はいきなり圭司にキスをします。
「お願いだから内緒にして」
と頼むのです。圭司は、容疑者のひとりであることを本人に伝えます。
すると、娘は圭司を平手うち。
「警察でもないくせに」
と吐き捨てるように言うのでした。


後日、情報がもたらされ、隆は持病の治療のため青酸を処方されていたことがわかります。必ずしも、バザーで使用するために青酸を混ぜていたとは限らないことになります。

 

誰もが怪しいようで、誰にも決定的な証拠がない・・・圭司も祐太郎も、さすがに困惑します。

途方にくれた圭司は、
「データを消せば、笹本が犯人のまま終わる」
とつぶやきます。
祐太郎は、
「消すことだって、恐ろしいことだよ」
とやるせない思いを打ち明けます。

すると、圭司のもとへ一報が入ります。笹本の死刑が執行されたというのです。法律的には、事件が終わったことを意味します。真相は闇に葬られてしまいます。



そのころ、公民館では、8年前のあのときのようにバザーが開かれていました。つい先日までお互いのことを疑っていた容疑者たちは、まるで毒物事件などなかったかのように、なごやかに話をしています。

 

後味の悪い結末に、祐太郎は「気持ち悪い」と本音をもらします。

ひとり事務所に残された圭司は、パソコンに向かいます。削除依頼を受けていた隆のデータを前に、ためらう圭司。事件解明の手がかりとなるかもしれない動画を削除してよいのか。それとも依頼人との契約を守って、データを消去すべきなのか。

 

圭司は最後まで迷ったあげく、<delete>キーに手を伸ばしたのでした。

f:id:entafukuzou:20180908044314j:plain

 

犯人は誰? 事件の容疑者たち

結局、ドラマ本編では真犯人は明かされませんでした。今回は犯人の正体よりも、町の人々の悪意のほうに焦点が置かれていました。ただ、「犯人はこの町にいる!」と言い残した笹本の発言は気になります。

 

それなら、俺が真相を明らかにしてやるゾ!と思う方もいるかもしれません。そこで、リピート視聴の参考のため、事件の容疑者を整理してみました。

1:笹本 清一

メッキ工場で働いていたときに、青酸を用いて同僚を殺しかけたことがある。バザー会場の毒物混入事件の第一容疑者で、死刑となる。町中の人間から疎まれていた。

2:笹本 隆

清一の息子で、今回の依頼者。父親が犯罪者であるために、幼い頃より町の人々からイジメられていた。その恨みを晴らすために事件を起こしたのだろうか?

 

青酸をかき混ぜる自らの姿を動画に残したのは、犯行を実施するか迷いがあったためか? ただし、持病の治療のため、青酸を処方されていたという説もある。

 

3:宮川 新次郎

市議会議員。選挙に当選するため、票のとりまとめを土木会社社長・中山に依頼。中山からは、談合を持ちかけられ、ゆすられていた。

 

ジュースの入ったウォータークーラーに粉末を入れる瞬間を撮られている。これに対しては、ジュースの粉末を足しただけだ、と苦しい弁明をする。

 

また、食堂を営む上野の妻と不倫関係にあり、彼女を殺害しようとした見方もある。

 

4:上野 兼人

食堂の店主。妻が宮川と浮気していることを知り、妻または宮川を狙っての犯行か? ただし、事件で愛娘をなくしており、我が子を巻き込む可能性のある犯罪を実行するかは疑問。

5:酒屋の主人

日常的に年老いた母親に暴力をふるっていた。また、認知症の症状がみられる上野の母親に対しても、激しい口調で怒鳴りつけていた。素行が悪い。

 

視聴者的には、一番犯人であってほしい人物。

6:宮川の娘

実はドラッグの常習者。父親に隠れて薬物を使用していたことがバレるのを怖れて、ドラッグの売人を消すために犯行を企てた?

 

女を武器にして情報の隠ぺいを図ったり、カッとなって圭司を叩いたりと犯人であっても不思議ではない。

 

7:1~6以外のだれか

笹本は「あの町に犯人はいる!」と証言していますが、特定はしていません。とすると、上記6名以外の町の住人という可能性も否定できません。宮川清一や息子の隆に悪意を持っていた人間は、たくさんいたはずです。

 

毒物混入事件の被害者と、その関係者

無差別事件に見えて、実はターゲットはひとりだった!というのは、ミステリのパターンのひとつですよね。そこで被害者と、利害関係のある人物をまとめました。なくなったのは、全部で4人です。

 

1:上野夫妻の娘

誰かから恨みを買っているようすはない。巻き込まれただけ?

2:中山(=土木工事会社の社長)

選挙の不正、道路工事の談合をめぐって宮川をおどしていた。

 

3:酒屋の主人の母親

 

息子から日常的に暴力を受けていた。

 

4:ヤクの売人

宮川の娘にドラッグを売っていた。

 

感想&考察


私が3度見返した限り、残念ながら真犯人を特定するには至りませんでした。やはり、あいまいなまま終わらせる、というのが作り手の狙いのようです。

 

町の住民にとっては、嫌われ者の笹本がやったことにすれば都合がいい、というのが本心なのでしょう。真犯人が誰か、よりも平穏な日常を取り戻すことのほうが彼らには大事なのかもしれません。何食わぬ顔でバザーに参加する容疑者たちの姿に、ゾっとしました。

 

物語の最後には、バザーで出されたジュースを拒んだ少女が、楽しそうに語らう容疑者たちをじっと見つめます。

ある意味、町の住民みんなが事件の共犯者であるかのように。

 

ヒントが隠されている? エピローグをもう一度、検証!

バザー会場の女の子の発言が意味深だったので、この部分だけ詳しく抜き出します。あきらめが悪いので、4度目の視聴です。


会場には、宮川や上野夫婦、酒屋の主人など事件の容疑者たちがそれぞれバザーの準備に追われています。
宮川の娘も会場に現れ、待ち合わせをしていた友達と楽しそうに語らいます。



会場に来ていた女性が、ジュースの入った紙コップを女の子に渡します。
女の子「私、飲みたくない」
母親「大丈夫だよ、今日のはちゃんと見張ってたから」

女の子「前のとき言われたの。飲んだら死んじゃうよって」

 

母親「誰に?」

女の子「思い出せない。よそからきたって言ってた

 

女の子と母親が公民館のほうを振り向くと、容疑者たちが集まって楽しそうに会話しています。

 

母親「勘違いじゃない? あの頃まだ小さかったし・・・やめなさい。もう終わったんだから」

母親は女の子の肩を強く握ります。

 

ええっ!!

怖っ、このお母さん。女の子を威圧している。

 

これって、このおばさんも共犯者ってことでは? 町の住民が示し合わせて笹本をハメたのでは?

 

しかし、だとしても、上野夫妻の5歳の娘の命まで奪うのはちょっとやり過ぎ。

 

女の子の発言も注目です。ジュースを飲まないように忠告したのは「よそから来た人」。ということは、この町に引っ越してきた笹本清一、隆が怪しくなります。

 

ただ、やはり決め手に欠けます。笹本が死に、隆の残した証拠も消され、真実は闇に葬られてしまいました。なんて結末だよ!!

 

真犯人より怖いものがある! 第7話に影響を与えた(かもしれない)映画

今回の物語によく似た映画があります。ミヒャエル・ハネケの『隠された記憶』という映画です。

 

この映画は、ある夫婦に謎のビデオテープが送られてくる場面から物語が始まります。自分に恨みをもつ者の嫌がらせだ、と夫は確信します。彼は自分に恨みを持っていそうな人物のもとを訪れ、複数の中から犯人を絞っていきます。

 

やがて、誰が犯人か、という真相よりも怖ろしい事実が浮かび上がってきます。

それだけでなく、犯人を暗示するような伏線も貼られています。ただし、ビデオを一時停止するなどして、よほど細かく観なければ気づかないレベルです。

作品の中では犯人は明示されませんが、ある程度まで絞り込むことができます。かなり上級者向けの映画ですが、ビデオ屋さんなどで見かけたら要チェックです。

 

まとめ:第8話は最終回!

『dele ディーリー』は、9月14日放送の第8回で最終回を迎えます。映画並みのクオリティの映像と祐太郎&圭司の凸凹コンビで、私たち楽しませてくれたこのドラマ。ぜひとも、続編を放送してほしいですね。