映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

5分でわかる!菅田将暉主演『dele ディーリー』第5話のネタバレ&考察

f:id:entafukuzou:20180825192843j:plain

※あらすじ部分は約5分、考察も含めると約8分で読めます。

菅田将暉&山田孝之 共演の金曜ナイトドラマ『dele ディーリー』。第5話のネタバレを含むあらすじをご紹介します。また、何となくドラマを観ていたら気づきにくい人間関係についても、考察します。

 

自ら命を絶った女子生徒の真実とは? 第6話のネタバレ&感想はこちら。

www.entafukuzou.com

真犯人は誰?バザー会場で起こった事件の謎に挑む第7話は、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

柴咲コウ&橋本愛がゲスト出演!第5話は映画なみのクオリティ

第5話では、柴咲コウ&橋本愛がゲストで出演。チョイ役ではありません。2人とも、芝居の見せ場がたくさんある役柄でした。

 

これまでレギュラーだった舞(麻生 久美子)の出番がないのも、2人のゲストの演技をじっくり見せたい、という配慮からでしょう。

 

菅田将暉✖山田孝之=『dele ディーリー』?

改めて確認しておきましょう。依頼人の身に万一の事態が起こったとき、本人に代わってスマホやPCのデータを削除する・・・それが【dele. LIFE】事務所で扱う業務です。

 

『dele ディーリー』第5話あらすじ

今回の依頼人の名は、天利 聡史(あまり さとし=朝比奈 秀樹)。そんな聡史のパソコンが72時間ログインされない状態であることが、通知されます。

 

【dele. LIFE】の社長・坂上 圭司(山田 孝之)は相棒の真柴 祐太郎(菅田 将暉)に死亡確認を任せて、外出します。

 

圭司は港近くのカフェで、かつての恋人・沢渡 明菜(さわたり あきな=柴咲 コウ)と待ち合わせをしていました。圭司はその昔、高校の音楽教師だった明菜と付き合っていました。

 

一方、聡史の実家を訪れていた祐太郎は、聡史の幼なじみ・楠瀬 百合子(くすのせ ゆりこ=橋本 愛)と知り合います。祐太郎は、聡史の幼なじみを装います。百合子は祐太郎を怪しみながらも、病院へと連れてゆきます。

 

依頼人の聡史は交通事故に遭い、意識不明の重体でした。祐太郎は聡史がまだ生きていることを電話で報告し、帰ろうとします。ところが、百合子は祐太郎を引き止めます。百合子は祐太郎を、聡史との思い出の場所に連れ回します。

 

夕方になり今度こそ帰ろうとする祐太郎を、またも百合子は引き止めます。百合子は自分が聡史の婚約者であることを明かし、「一人になるのは辛い」ともらします。

 

驚くことに百合子は、祐太郎が身分を偽っていたことを見抜いていました。そして、データ削除を取り消すように祐太郎に迫るのでした。

 

f:id:entafukuzou:20180825192903j:plain

『dele ディーリー』第5話ネタバレ(← 未視聴の人は気を付けて!)

百合子の気持ちを落ち着かせるには、聡史の思い出を語り合える相手を見つけるしかない・・・そう考えた祐太郎は聡史の親友・宮田 翔(渡辺大知)と連絡を取り、2人だけで会うことに。ところが翔は、驚きの発言をします。

 

「百合子は聡史の婚約者ではない」

というのです。祐太郎は百合子のもとへ舞い戻り、真偽を問いただします。すると百合子はずっと片思いではあったものの、聡史に告白できなかったことを明かします。思いをふり切るように別の人と婚約したものの、聡史を忘れられなかったというのです。

 

「聡史の婚約者だとウソをついたのは、データを見たかったから」

と、百合子は胸中を明かします。データを見れば、聡史が自分をどう思っていたのか知ることができるかもしれない・・・百合子はそう考えていました。

 

すると、聡史の母親から連絡が入ります。命が危ぶまれていた聡史の意識が戻った、というのです。祐太郎と百合子は急いで病院にかけつけるのですが・・・

 

さて一方、圭司と明菜はつき合っていた当時を懐かしむように、海岸沿いを歩いていました。明菜は【dele. LIFE】の仕事の状況について尋ねた後、

「dele の事務所に行きたい」

と言い出します。圭司がやんわり断ろうとすると、明菜は

「二人きりになるのが怖いの?」

と聞きます。

 

圭司と明菜は、【dele. LIFE】の事務所にやってきます。明菜は、室内を興味深そうに見回った後、クラシックのCDをかけます。圭司と明菜は静かな音楽が流れる中、しばらく言葉も交わしません。やがて口を開いた明菜は、

「私からデータ削除の依頼がきたら、もう他人だと思って」

と言い残し、立ち去ったのでした。

 

考察1:圭司と明菜(柴咲 コウ)はどういう関係?

昔の恋人同士であることは雰囲気からも伝わってくる。でも、元・恋人にもいろいろあるじゃん。圭司と明菜の場合、どうなの?

 

と、いうことで圭司と明菜の会話、やり取りから2人の関係性を探ってみます。

①出会いは高校

圭司が高校生のとき、教育実習生の明菜と知り合った。

②2人がつきあっていた時、圭司はすでに車いす生活だった

車いすで移動していた圭司が段差をのぼっているとき、明菜は後ろに回ってさりげなくフォローしています。この動作から、明菜は車いすの圭司と行動することに慣れていることがわかります。

 

考察2:聡史は百合子(橋本 愛)のことを本当はどう思っていた?

実は、聡史が百合子のことを本心ではどう思っていたのか、はっきりとは描かれていません。少なくとも、直接的なセリフによる描写はありません。

 

しかし、ドラマを注意深く観ていると真相がわかってきます。

 

聡史の意識が快復したと聞き、百合子と祐太郎、翔が病院にかけつけた場面・・・百合子は病室に入るとベッドで眠る聡史の元へかけより、

「よかった」

と、聡史の頬をなでます。そして、聡史の手首に触れようとするのですが・・・百合子が触れるより先に、翔が聡史の手首をつかみます。そして、いつくしむように聡史の手首を頬ずりするのです・・・そう、聡史は男性である翔と深い仲だったのです

 

もう一つ、ヒントがありました。ドラマ冒頭、バーにいる聡史と翔はこんな会話を交わしています。

聡史「オレ、やっぱり彼女に言おうと思う」

 翔「よせ、かえって彼女を傷つけることもある」

この会話から、聡史の苦しい胸の内がわかります。百合子から恋慕されていることは知りつつも、恋愛対象として見ているのは男性の翔だったのです。

 

 

人懐っこく、ちょっぴり男勝りな百合子。橋本愛が演じた役の中でも、ベスト級に魅力的な女の子でした。

f:id:entafukuzou:20180825200109j:plain

 

橋本愛 写真集 『 あいの降るほし 』

 

まとめ

第5話に限ったことではありませんが、このドラマは直接的な描写を極力避けています。視聴者に解釈をゆだねたり、視聴者の想像力で補ってもらうような作り方をしているのです。