映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

『コンフィデンスマンJP』の再放送は?DVDの発売はいつ?10話のネタバレと共に

 

f:id:entafukuzou:20180617024744j:plain

 

 

※この記事は約6分で読めます。
長澤まさみ主演ドラマ『コンフィデンスマンJP』。第10話のネタバレをまとめました。見逃し配信については中断、再放送やDVDの発売情報は下段に記載しました。

 

 

『コンフィデンスマンJP』第10話あらすじ

いつものアジトで子猫ちゃんに分け前を配るダー子(長澤まさみ)。この時点でトータルのもうけは10億を越えていました。ボクちゃん(東出昌大)は詐欺の世界から足を洗うことにしました。

 

それから1年後(こいつら一体何歳なんだ?)。

 

引っ越しの仕事をしていたボクちゃん。飲み屋で後輩の鉢巻秀男(佐藤隆太)の身の上話を聞いてあげていました。親の遺産を受け継いだ鉢巻は、結婚詐欺に遭ってお金を巻き上げられたと語ります。犯人の似顔絵を見せられたボクちゃんはびっくり! ダー子とリチャード(小日向文世)の絵だったのです。

 

ボクちゃんは鉢巻をアジトに連れてゆきます。アジトでは、ダー子とリチャードが袴田吉彦さん主演の探偵ドラマを見ています(金田一耕助?)。それまで気弱な人物かと思われていた鉢巻は、突然本性を表します。部屋には黒服のいかつい男たちも侵入します。

 

鉢巻は中国系マフィアの息子で、父がため込んだ15億もの資産をだましとった詐欺師を探していたのです。その詐欺師のコードネームは【子犬】。鉢巻はこの【子犬】こそ父の信頼を勝ち取った最高の“コンフィデンスマン”と「称しました。鉢巻は、ダー子、ボクちゃん、リチャード、3人のなかに【子犬】がいるとにらんでいました。

 

 

↓ ネタバレは下段

 

『コンフィデンスマンJP』第10話の見逃し配信は?

 

 

 


『コンフィデンスマンJP』第10話ネタバレ(← 未視聴の方は気をつけて!)

鉢巻はしらをきるダー子たちをひとりずつ尋問。鉢巻はダー子、ボクちゃん、リチャードの本名から生い立ちまですべて調べ上げていました。五十嵐(小手伸也)を人質にとり、3人の個人情報を調べ上げていたのです。

 

リチャードの本名は鎌田潔。売れっ子セールスマンだったリチャードはサラリーマン生活に嫌気がさして詐欺の世界に入っていました。

 

ボクちゃんの本名は西崎直人。スナックを経営する母親に詐欺師としての技を仕込まれたといいます。

 

ダー子の本名は藤沢日奈子。施設で育ち、遠慮がちな少女だったダー子は幼稚園の先生から「もっと駄々っ子になっていいのよ」と口癖のように言われていました。

 

ダー子を尋問するとき、鉢巻は他の2人が「子犬はダー子だと白状した」と嘘をつきます。ところが実際はボクちゃんもリチャードも他の2人をかばって、「子犬は自分だ」と答えていたのです。

 

鉢巻は銃を構えて、3人のお金を自分の口座に振り込むように脅します。鉢巻が振り込みを確認したとき、パトカーのサイレンが近づくのが聞こえてきます。鉢巻は銃で3人を撃ち、逃走します。

 

大金をせしめて高笑いする鉢巻は、逃走する車のなかでダー子たちが見ていたドラマのDVDの続きを観る余裕ぶり。ところが、ダー子たちの本名だと思ってい『藤沢日奈子、西崎直人、鎌田潔』はいずれもドラマの登場人物の名前だったことが発覚します。拳銃までもニセモノの銃とすり替えられていました。情報を吐いたと思われていた五十嵐、まんまと鉢巻をだましていたのです。

 

ダー子たちは警察の目をかいくぐり、ホテルの30階へ移動、【000】の部屋に入ります。そして、鉢巻との会話から推測したパスワードで鉢巻の銀行口座に侵入、お金を奪い返すのでした。

 

ダー子は2人の前で次のターゲットを発表。ホストクラブの女社長と中古車販売の会社社長をだますと宣言します・・・そう。なんと、第1話につながってゆくのです。これは、もう一度第1話から見たくなる。10話と繋がっているかもしれないから!

 

 

五十嵐はいじられキャラ? 本当の理由

第10話の五十嵐はセリフを途中で切られたり、画面にはっきり映してもらえなかったりと散々な扱いでした。

 

しかし、ただいじられていた訳ではありません。ネタバレでも明かしたように、第10話は時系列の上では、第1話より過去の話。

 

つまり、この時点で五十嵐の存在を知っているのはダー子だけ。ボクちゃんとリチャードは五十嵐が陰で活躍していたことを知らないのです。彼らが知るのは第2話の最後ですから。

 

第10話で五十嵐がセリフも顔もはっきり映してもらえなかったのは、「この時点ではまだ未知の人物ですよ~」という演出だったのではないでしょうか?

 

体も存在も大きかった五十嵐さま。

 

 

直近の再放送の予定はなし。ただし、DVDの販売は近いゾ!

残念ながら、再放送の予定は今のところ発表されていません。ただし、DVDの発売日は発表されました。

 

2018年9月19日(水)  

 

あんがい近い。でも、月曜日じゃないんかい!

 いまはまだ購入できませんので、お間違いのなきよう。

まとめ

当サイトではときにシナリオに難癖もつけて参りましたが、今となってはごめんなさい。楽しかったです。脚本家の古沢良太さんはキャラクターを作る際、「今までのドラマで一番〇〇な女の子」みたいに創作してゆくそうです。彼が生み出したダー子、ボクちゃん、リチャードはそれぞれ型破りなキャラクターたち。何より、毎週あいつらに会いたい、と思わせてくれるような元気な人物たちでした。