映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

女流棋士は弱い?プロ棋士と実力が違う?棋力や役割について調べてみた

 

 

f:id:entafukuzou:20180410203549j:plain

 

※この記事は約3分で読めます。

NHKの将棋トーナメントやニコ生の将棋中継で、解説をするプロ棋士の横に立っている

アシスタントのような女性。司会進行をしつつ、すさまじいスピードで駒を並べてゆく彼女たちは何者なのでしょうか?

 

女子アナではありません。彼女たちは、『女流棋士』。文字通り、将棋を職業としている女性たちです。対局(=将棋の試合)をしたときに発生する対局料、将棋教室の受講料、そしてイベントや将棋中継の出演料がおもな収入源です。

 

 

 

プロ棋士と女流棋士の違いって?

 

プロ棋士とは何が違うのか? 実は、『プロ棋士』にはそもそも男女の区別はありません。しかし、制度ができてから現在に至るまで“女性”の『プロ棋士』は一人も誕生していません。

 

一方、『女流棋士』の対象は女性だけです。男女の別のない『プロ棋士』は奨励会、『女流棋士』は研修会という養成機関に所属して、プロを目指すのが基本です。それぞれリーグ戦を闘い、優秀な成績を納めると昇段してゆきます。

 

奨励会で四段となると晴れて『プロ棋士』に、研修会で女流3級となると『女流棋士』を名乗ることができます。この他にも女流棋士の場合、奨励会の1級以上で退会するか、アマチュア参加の女流棋戦で好成績を収めると、プロ入りの権利を得ます。

 

それでは、女流棋士の棋力(=将棋の腕前)はいかほどなのでしょうか? 

 

女流棋士の棋力は? 女流棋士 VS 男性棋士 

 将棋連盟の公式サイトには、男性棋士 vs 女流棋士(またはアマチュア)の対戦成績が載っています。このデータから、女流棋士からみた対男性棋士 勝率を抜き出すと・・・

 

2008年 1勝22敗 (〇里見香奈 稲葉陽●)    勝率=0.0435

2009年 7勝23敗 (〇岩根忍 神吉宏充●)など。 勝率=0.2333    

2010年 4勝24敗 (〇清水市代 藤倉勇樹● など。勝率=0.1429

2011年 4勝29敗 (〇中村真梨花 伊藤能●)など。勝率=0.1212

2012年 5勝28敗 (〇甲斐智美  門倉啓太●)など。勝率=0.1515

 

2013年 5勝25敗 (〇甲斐智美 深浦康一●)など。  勝率=0.1667

2014年 6勝26敗  (〇香川愛生 福崎文吾●) など。 勝率=0.1875

2015年 5勝27敗  (〇室谷由紀 近藤誠也●) など。勝率=0.1563 

2016年 4勝22敗  (〇)伊藤沙恵 宮田敦史●) など。勝率=0.1538

2017年 1勝19敗  (〇上田初美 上野裕和●) など。勝率=0.0526

 

トータルでも勝率は、2割にも満たない状況です。残念ながら、『プロ棋士』で一番段位の低い四段よりも、数段劣る、と言わざるをえません。アマチュアの高段者と同等、あるいはそれ以下の場合もあります。

 

現実に女流棋士のトップクラスの人でも、男性棋士に対しては2割程度の勝率しかありません。ただ、2018年度は里見香奈 女流の活躍もあり、女流棋士も善戦しています。

 

2018年 7勝6敗  (〇 里見香奈 村田智弘●)

           (〇伊藤沙恵 小林宏 ●) など。勝率=0.5385

※2018年度は8月末時点。

 

プロ棋士の対女流棋士 年度別成績

www.shogi.or.jp

 

女流棋士の年収は?

プロ棋士の場合、順位戦や竜王戦のクラスに応じて、将棋連盟から毎月給料が支払われます。新人やクラスの低い棋士でも、300~400万円の年収があるといわれています。

 

各棋戦を勝ち上がれば対局料が増えてゆく仕組みです。

 

一方、女流棋士の場合、この制度はありません。女流棋戦の賞金総額が約5000万円あり、約50名の女流棋士でわけあうことになります。金額の配分は公表されていませんが、単純計算したとしても1人あたり100万円いくかいかないか。

 

そもそも女流棋士は対局数が少ないので、対局料だけで食べてゆくのは困難だといえます。解説の聞き手、各種イベント、将棋教室などに参加しなければ、厳しい状況でしょう。

 

研究会などで、自身の棋力を磨く時間も限られてしまいます。

 

  

まとめ:女流棋士が足りない?

 藤井 七段の活躍もあって、最近はニコ生やアベマTVなど、インターネットでの将棋中継もふえてきました。聞き手のニーズは確実に高まってます。しかし、『プロ棋士』と比べて『女流棋士』は圧倒的に人数が少ないのが実情です。プロ棋士が約160名なのに対して、女流棋士は50人弱。

 

そのうえ、女流棋士はしゃべりのプロではありません。人前でしゃべるのが苦手な人もいます。このため、進行がうまい一部の女流棋士に、聞き手の仕事が集中しているのが実情です。